MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. マツダ|MAZDA
  4. MAZDA3ファストバック

で、マツダの次世代商品群第一弾、MAZDA3は売行きはホントのところどうなのか? 日本で欧州で北米で

  • 2020/01/09
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
話題の多いMAZDA3。実際の販売状況はどうなのか?

デザインも技術も、とにかくクルマ好きの話題に上ることが多いMAZDA3。マツダの次世代商品群の第一弾でもあるし、革新的なエンジン、SKYACTIV-X初搭載モデルでもある。デビューからすべてのエンジン・ラインアップが揃ったわけではなく、2019年の暮れもも押し迫ってからようやくSKYACTIV-G1.5/G2.0/D1.8/Xが揃ったという経緯もある。では、MAZDA3のセールス状況を見てみよう。

もちろん計画よりずっと売れている

  自販連の販売データ(月間TOP50)にMAZDA3が初登場したのは2019年5月で1682台だった。それ以降の販売台数の推移を記しておくと
5月:1682台 6月:1591台 7月3668台 8月3916台 9月7355台 10月2071台 11月1588台 12月2793台
となっている。
 8ヵ月で2万4664台となっている。月平均3083台だ。MAZDA3の月販目標台数は2000台だから、その1.5倍売れていることになる。月販目標台数はモデルライフを通してのアベレージだから、デビューしたばかりのいま目標の1.5倍というのは、やや物足りないかもしれない。が、前述したように、エンジンラインアップが揃わないまま販売がスタートしたという事情も考えると「想定通り」と言えそうだ。

MAZDA3国内販売台数の推移2018-2019

2018年と2019年の比較。2019年4月まではアクセラのそれ以降はMAZDA3の数字がはいっている

 グラフは、日本国内のマツダ・アクセラ/MAZDA3の2018-2019年の販売台数を比較したものだ。
 2019年は4月までがアクセラ、5月からMAZDA3の数字を入れてあるが、5月以降もアクセラの販売台数は0ではなくある程度売れていたと推測できる。
 2018年のアクセラの販売台数は1万7767台。月平均で1480台である。ということは、MAZDA3はアクセラの2倍売れていると言っていいだろう。

MAZDA3とCX-30 国内販売台数の推移2018-2019

上のグラフにCX-30の2019年10月以降の販売台数を載せてグラフ

CX-30 マツダ新世代商品群の第2弾だ
 こちらのグラフは、アクセラ/MAZDA3の2018-2019年の販売台数のグラフに2019年のCX-30の数字を載せたもの。CX-30は

2019年10月2525台 11月2690台 12月3226台
 と出だしは好調に推移している。こちらもSKYACTIV-Xエンジン搭載モデルの販売はまだ。それでもなかなかの数字となっている。

おすすめのバックナンバー

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ