MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. シビック

新型ホンダ・シビック タイプR登場! 戦闘力向上でニュル最速を奪還か? 発売は2020年夏【東京オートサロン2020】

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京オートサロンで、マイナーチェンジを受けた新型ホンダ・シビック タイプRがワールドプレミアされた。参考出品ということでまだ詳細は明らかにされていないが、細かなアップデートによって戦闘力のさらなる向上が図られている模様だ。発売は2020年の夏とされている。

 マイナーチェンジを受けた新型シビック・タイプRが幕張メッセで初披露された。同時に正式発表されたシビック セダンやシビック ハッチバックと異なり、こちらはあくまで参考出品ということで、スペックや価格といった詳細は明らかにされていないが、細かなアップデートによって確実に戦闘力を向上させているように見受けられる。

 外観上の最も大きな変更点はフロントマスクだろう。まずセンター部のグリルが天地方向に大きくなり、冷却効率の向上が図られた。バンパー下部の両脇にあるブラックアウトされた樹脂の部分は、従来はメッシュを模したデザインだったが、新型では白いブレードが追加され、黒い部分はフラットなデザインとされた。

 そのブラックアウトされた樹脂の部分には細い横長のスリットが空けられているが、これは冷却のためではなく、左側はホンダセンシングのセンサー類、右側はホーンのためのもの。

 特徴的なセンター3本出しエキゾーストエンドや、リヤスポイラー、リヤディフューザーなどは従来型と変わらないように見える。

 フロントブレーキはフローティングタイプ(2ピース構造)に変更され、従来の穴あきタイプから通常のディスクとなった。フローティングタイプとなったことで耐熱性が向上されたため、ドリルドディスクとしないことで最適化を図ったという。

 今回はドアを開けることが不可能だったため、しっかり撮影することができなかったが、ステアリングの素材がレザーからバックスキンに変更されているようだ。シフトノブは真円に近い形状から、縦長のものにデザインが変わっている。

シビック タイプRの開発責任者を務めた柿沼秀樹さん。

 気になるエンジンのスペックなどは一切明らかにされていない。しかし現在ライバルのルノー・メガーヌR.S.が保持しているニュルブルクリンク・ノルトシュライフェの市販FF最速記録の座の奪還を考えれば、そちらにも手が入っていることは十分に考えられる。

 開発責任者を務めた柿沼秀樹さんによれば、ニュルでの記録更新は最重要課題ではなかった、とのことだが、果たして……。2020年の夏とアナウンスされている発売が待ちきれない。

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ