MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. N−ONE

変わらないのはバンパー以外のパネル類だけ!? 第二世代Nシリーズのプラットフォームに刷新 なんと6速MT搭載!ホンダ「N-ONEカフェレーサーコンセプト」は今秋発売の“新型”だ!【東京オートサロン2020】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ホンダN-ONEカフェレーサーコンセプト

1月10~12日に千葉県の幕張メッセで開催された「東京オートサロン2020」で、中4ホールにブースを構えたHonda/無限。そこにひっそりと展示されていた「N-ONEカフェレーサーコンセプト」の室内を覗いてみると、なんとこれまで一度も設定されたことのない、待望の6速MTが搭載されていた! だがもっと驚きなのは、その中身だった!

REPORT●遠藤正賢(ENDO Masakatsu)
PHOTO●遠藤正賢、本田技研工業

現行ホンダN-ONE RSのフロントマスク
現行ホンダN-ONE RSのリヤまわり

 N-ONEは初代N-BOXをベースとして、ホンダ初の軽乗用車・N360をモチーフとしたエクステリアを持つプレミアム軽として2012年11月にデビューした。比較的全高が低く車重も軽いことからスポーティな性格も与えられており、2014年からはワンメイクレース「N-ONEオーナーズカップ」が開催され、2015年7月のマイナーチェンジでは全高を1545mmに抑えた「ローダウン」やホンダアクセスのコンプリートカー「モデューロX」を追加。2017年12月のマイナーチェンジでは「ローダウン」ターボ車をさらに進化させた「RS」を新たに設定している。

現行ホンダN-ONE RSのインテリア

 それにも関わらず、トランスミッションは全車CVTのみ。7年に及ぶモデルライフの中で、MTが設定されたことは一度もなく、マイナーチェンジのたびにガッカリさせられたのは筆者だけではあるまい。

N-ONEカフェレーサーコンセプトの運転席まわり

 だからこそ、「N-ONEカフェレーサーコンセプト」の室内を覗き、そのインパネ中央に6速MTが鎮座しているのを見付けた時、あまりの驚きに思わず言葉を失ってしまった。

N-VANと同様にフロアからロッドを這わせる形でインパネにシフトレバーが設けられた6速MT
 喜び勇んでその運転席に座り、シフトレバーを操作してみると、その感触はS660にも引けを取らない、軽くソリッドでストロークも極めて短い、ホンダ一流のもの。

6速MTシフトレバーの右側に設けられたEPBとブレーキホールド機能のスイッチ
ペダル配置はアクセルとブレーキの段差を少なくした、ヒール&トーのしやすさに配慮したもの。フットレストは申し訳程度のサイズ

 一方、パーキングブレーキが電動式なことに対しては、一般の来場者からも「これではジムカーナなどでサイドターンができない!」と不満の声が上がっていたが、それに関しては筆者も100%同意だ。

 ともあれその完成度は「コンセプト」などというレベルのものではなく、明らかに量産を前提としたプロトタイプそのものだった。

セパレート式に変更されたフロントシート
 そしてよく見ると、6速MT周辺以外のインパネやステアリングの造形も全く異なり、フロントシートはベンチ式からセパレート式に変更されている。

アルミホイールのデザインも一新。タイヤサイズは165/55R15 75Vで変わらず
 エクステリアも、前後バンパーやランプ類、ホイールのデザインが変更されており、よりモダンかつスポーティな印象に生まれ変わっていた。そして「RS」のエンブレムが装着されていることから、これが「RS」の大幅改良モデルであることは想像に難くない。

第二世代NシリーズのプラットフォームをベースとしたN-VANのフロア部
 果たしてこの「N-ONEカフェレーサーコンセプト」、発売時期はいつ頃なのか、そしてなぜ今までN-ONEに6速MTが設定されなかったのかを、説明員に尋ねてみると…。

「このN-ONEは今秋に発売を予定しています。そしてN-ONEにこれまでMTが設定されなかったのは、第一世代のNシリーズをベースにしていたからですね」

 !? つまり、この新しいN-ONEは…?

「はい、第二世代のNシリーズではN-VANがニューモデルとして誕生し、初めてFF車で6速MTが設定されました。つまり新しいN-ONEは、その第二世代のNシリーズをベースとするため、6速MTの設定が可能になったのです」

ホンダN-ONEカフェレーサーコンセプト

 見た目は従来のN-ONEのテイストを色濃く踏襲しながら、中身はプラットフォームから全く別物に進化するということだろうか?

「ミニもそうだと思いますが、デザインは極力変えずにプラットフォームを一新することで、走りや安全性能を進化させる道を選びました。実際の所、ドアパネルなどの外板は現行車と同じですが、それ以外は全面的に変更しています」

N-ONEカフェレーサーコンセプトに装着されていた単眼カメラ
 だがそうなると、6速MTをこのタイミングで追加しながら、パーキングブレーキが電子式に変更されているのが気になってくる。

「これはホンダセンシング、特に渋滞追従機能付きアダプティブクルーズコントロールに対応するにはEPB(電子制御パーキングブレーキ)が必須だからですね。今の時代、MTといえども予防安全性能は重要ですから。なお、プラットフォームが第二世代Nシリーズですので、ホンダセンシングのセンサー類も、新型フィットの単眼カメラのみのものではなく、N-BOXやN-WGNと同じものを使っています」

N-ONEカフェレーサーコンセプトのフロントロアグリル右側
 ということは、フロントロアグリル右側にミリ波レーダーが装着されている…?

「それは、ご想像にお任せします(笑)」

S07B型ターボエンジン
 プラットフォームが第二世代Nシリーズになり、MTの搭載が可能になったということは、エンジンも第二世代のS07Bに刷新される…?

「それは、行間を読んで下さい、ということで(笑)」

 今秋発売という「N-ONEカフェレーサーコンセプト」の市販モデルが、どのような形でホンダよりアナウンスされるかは分からない。だが筆者は、敢えてこれを“新型”N-ONEと呼びたい。それほどまでに、今度のN-ONEは全く別物に生まれ変わる可能性が高いのだから。

 これは期待するなという方が無理というもの。今から正式発表が待ち遠しい!

新型ホンダ・シビック タイプR登場! 戦闘力向上でニュル最速を奪還か? 発売は2020年夏【東京オートサロン2020】

東京オートサロンで、マイナーチェンジを受けた新型ホンダ・シビック タイプRがワールドプレミアされた。参考出品ということで...

あわせて読みたい

ホンダの軽オープンスポーツ「S660」がマイナーチェンジ! 内外装デザインをブラッシュアップ【東京オートサロン2020】

ホンダの軽自動車2シーターオープンスポーツモデル「S660」がマイナーチェンジを受けた。税込車両価格は「α」が232万1000円、...

あわせて読みたい

モデューロXの“実効空力”が新世代へ! 新型ホンダ・フィット/フリード(マイナーチェンジ)モデューロXコンセプト【東京オートサロン2020】

1月10日より千葉県の幕張メッセで開幕した「東京オートサロン2020」の中4ホールにあるHonda/無限ブースでは、2月発売予定の新...

あわせて読みたい

2月20日詳細発表!モデューロ「S2000 20thアニバーサリー」のサス&エアロには「モデューロX」で培った最新のノウハウが満載!【東京オートサロン2020】

1月10~12日に千葉県の幕張メッセで開催された「東京オートサロン2020」で、北9ホールにブースを構えたModulo(モデューロ=...

あわせて読みたい

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ