MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ダイハツ|DAIHATSU
  4. タフト

ダイハツ TAFT(タフト)コンセプト徹底解説! いま最も注目すべき軽クロスオーバーをとことん見せます!〈軽自動車SUV速報&詳報〉 PR

  • 2020/01/20
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年1月10〜12日に開催された東京オートサロン2020でひときわ注目を集めていたのが、ダイハツのブースの真ん中に展示されていた「TAFTコンセプト」だ。SUVらしさを極めた無骨な道具感は、アウトドアはもちろん都会でも映えること間違いなし! オフローダーのタフさとハイト系のユーティリティを兼ね備えたまったく新しい軽クロスオーバーと言える。2020年央と見られる市販化が待ちきれない人のために、いま知りうる「TAFTのすべて」をお伝えしよう。

REPOET●工藤貴宏(KUDO Takahiro)
PHOTO●平野 陽(HIRANO Akio)

2020年央の発売が待ちきれない!

 これはアリだろう!

 1月10日から12日にかけて開催された東京オートサロンのダイハツブース。そのステージ上に展示されていた軽自動車「タフト コンセプト」(以下「タフト」)を見ての率直な印象だ。

 多くの人にとって「タフト」というのは耳なじみのない車名かもしれないが、それもそのはず。現在のラインナップにはない、今後発売する予定の新型車なのだ。ダイハツによると「2020年央の発売に向けて開発を進めている」というから、東京オリンピックの頃までには正式に発表されるに違いない。

 そんなタフトだが、まず注目したいポイントがふたつある。ひとつは天井、もうひとつは荷室だ。

 天井はなんと、前席の上が開放感抜群のガラスルーフになっている。タフトのように遊び心あふれるクルマだからこそ、ガラスルーフのように移動を楽しくしてくれるアイテムは大歓迎だ。

 ちなみに、ダイハツだけでなく他社も含めて、現在発売されている軽自動車においてガラスルーフを展開している車種は皆無。そんななかでのガラスルーフの採用はかなり魅力的と言うほかない。

 もうひとつのポイントである荷室は、リヤシートがフラットに倒れる構造が大きなトピックだ。ラゲッジスペースの床面と後席の背面の間に段差がないからユーティリティ性がとても高い。さらに荷室床面も後席背面も樹脂製で、汚れたら水拭きできるから荷室を使い倒すのに都合がいい。

 スノーボードなどウインタースポーツやキャンプなど、たくさんの道具を荷室に積んでレジャーに出かける際にフラットなフロアはとても便利だ。そのうえ汚れたら簡単に掃除できることで、泥や雪が付いたままでもガンガン積み込めるのは実用的と言える。遊びのパートナーとして最適である。

 そんなふたつのポイントこそがタフトのキャラクターを象徴しているといっていい。ダイハツによると「日常生活からレジャーまでアクティブに使える新感覚の軽クロスオーバー」とのことで、そうなるとユーザーから求められるのはやはりアクティブな雰囲気と高い実用性だろう。

もちろん車体サイズは軽自動車枠に収まっているのだが、実車は軽自動車よりも大きく見えて立派な印象。ボンネットを長く見せるとともにサイドウインドウの天地高を低くした直線基調のデザインなどの妙技と思われる。デザインや作り込みはかなり市販車然としていて、ホイールやタイヤを除くとこのまま市販されることになりそうだ。

 それを体現するかのように、スタイリングは武骨さを強調している。徹底した直線基調のデザインとし、ボンネットを平面的にすることで質実剛健な道具感が伝わってくる。そのうえ、このボンネットは見切りがいいので車体感覚のつかみやすさにもつながっているのも見逃せない美点だ。

 またタイヤは径が大きく、それを覆う無塗装の樹脂製フェンダーなどもワイルド。真正面真後ろから見るとフェンダー下部が切り欠かれていて、タイヤのトレッド面が見えるようにデザインされているのも本格オフローダーをイメージさせる遊び心である。

前席頭上はガラスルーフ化。ガラスルーフとフロントウインドウの間をブラックに塗り、スタイリング上はフロントウインドウとガラスルーフが一体化したように見えてスタイリッシュだ。
ワイパーは隠すことに注力する昨今のトレンドに逆らって、あえてアーム全体が見えるようにデザイン。
タイヤのまわりには樹脂素地仕上げのパーツを装着。ワイルドな印象を強調する。その表面にも細かい溝による立体造形を入れ、車名を添えたリヤフェンダーのデザインが新鮮だ。

 車体側面の造形は、ボンネットフードから続くショルダーラインを軽自動車としては異例の高さとし、サイドウインドウの天地高をあえて低くしているのが特徴的だ。窓が小さくなるので開放感は控えめとなるが、そのぶん武骨さが強調されるのでタフギヤ感が増している。

 そして乗り込めば室内の広さに納得である。後席も平均的な日本人男性がゆったりと足を組めるだけの居住性を確保している。つまりタフトは、実用性はしっかりと備えつつ、遊び心あるスタイルのクルマが欲しいというリクエストにジャストなキャラクターなのだ。

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ