MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. クラウン

トヨタ・クラウンRS ユーザーレポート 燃費は?長所は?短所は? トヨタ・クラウンRS | これがオーナーの本音レビュー !「燃費は?長所は?短所は?<モーターファン会員アンケート>

  • 2020/01/17
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本を代表する4ドア・セダン、それがトヨタ・クラウンだ。すでに65年余の伝統を持つモデルである。Motor-FanTECHの会員の方々にもオーナーがいる。そのオーナーにアンケートを実施。オーナーだからこそわかる燃費、不満、よいところをみてみよう。今回は、現行RSオーナーのレポートである。

現行15代目クラウン(S22#型)2018年〜

 現行モデルはクラウンとして15代目となる。今回のクラウン・オーナーレポートの3台はすべて現行モデルだった。しかもすべて「RS系」となった。

 現行クラウンは、レクサスLS、LCと同じくTNGAのGA-Lプラットフォームを採用。エンジンは、2.0ℓ直4ターボ(8AT-FTS型)と2.5ℓ直4+THS2のハイブリッド、3.5ℓV6+THS2のハイブリッドの3種類をラインアップする。

3.5 RS Advance「ハイパワーセダンとしては素晴らしい燃費」

ニックネーム:Keisuke 年式グレード:RS Advance 性別:男性(30代) 居住地域:愛知県

排気量:3.5ℓ トランスミッション:AT
平均燃費:14.8km/ℓ(通勤で渋滞する市街地が5割、高速道路での移動が5割)
長所:スポーティになったスタイル。ハイパワーセダンながら、実用燃費の良さ。
短所:山道の長い下り坂で、AI-SHIFT制御によって、ローギヤホールドされてエンジンブレーキがメインとなり、ほとんど回生充電しなくなるときがある。RS系にすると、ドアのイージークローザーの設定がない。ステアリング、シフトノブなど、手に触れる部分に他のトヨタ車との共用部品が増え、クラウンとしての特別感がなくなった。

評価
外観:★★★★★ RS系はノーマルでサイドスカートの張り出しもあり、スポーティなイメージをよく演出している
室内:★★★☆☆ カーボン模様などスポーティだが、共用部品もあり、高級感は以前所有した200系(ハイブリッド)に劣る
走行性能:★★★★★ シャシー、足回りが締まっており、ステアリングを切ってからのノーズの反応遅れがなくなり(200系比較)、気持ちよく走れる。ホイールベースが長いためか、リヤが遅れて動き、曲がり角などで前と後ろの一体感がない。
燃費性能:★★★★☆ ハイパワーセダンとしては素晴らしい燃費。最近のエコカーや普通の車と比べてはいけない。
装備:★★★★☆ 乗り心地に加えACC、LTAのおかげで高速道路の長距離移動が楽になり、以前よりも車で遠出をするようになった。デビューから1年ほど経って、他のモデルが車内でのスマホ連携を強化している(CarPlayなど)中で一世代前になった印象がある。
満足度:★★★★☆ 他社のハイパワーセダンと比較したり、LS500h、LC500hと同じシャシー/パワートレーンだと思えば安い。"トヨタ"クラウンだと思うと、マルチステージハイブリッドモデルは高く感じる。
このクルマの購入を検討している人にひと言
「クラウンの高級車としての知名度は高いが、他の高級外車やレクサスよりも堅実で落ち着いたイメージ(つまらないという人も…)のため、そう見られたい人向け。3.5ℓモデルもオーナー以外にはほとんど見分けがつかない(フロントフェンダーのバッジのHybridが2段でMultistage Hybridになるだけ)ため、人知れずハイパワーを楽しみたい人にも。走っている台数は多く、人と違うクルマ、ひと目で見てハイパワーセダンとわかるクルマが欲しい人には向かない。」

2018年2.5 RS Advance「ワインディングを走ってわかるハンドリングの良さ」

ニックネーム:Fullrich 年式グレード:2018/RS Advance 性別:男性(50代) 居住地域:愛知県

排気量:2.5ℓ トランスミッション:CVT
平均燃費:21km/ℓ
長所:ハンドリングの良さはワインディングロードを走ってみてその素晴らしさを実感した。
短所:最新の機能の操作がもっと分かりやすいと思っていたが、なかなか使いこなせない。

評価
外観:★★★★★ 
室内:★★★☆☆ 内装の質感は過去のクラウンと比較すると見劣りする
走行性能:★★★★☆ 
燃費性能:★★★★★ 
装備:★★★★☆ 
満足度:★★★★☆ 
このクルマの購入を検討している人にひと言
「価格帯がベンツのCクラスやBMWの3シリーズも視野に入るので気持ちがブレるところですが、個人的には外観は視線を引くデザインであると思い、購入に踏み切りました。」

2018年2.5 RS advance Four「クラウンって響きが好きならアリです」

ニックネーム:kawachin136 年式グレード:2018/ RS advance Four 性別:男性(40代) 居住地域:秋田県

排気量:2.5ℓ トランスミッション:その他
平均燃費:18km/ℓ(郊外ドライブ6割、街乗り4割)
長所:レクサス転用のシャーシの余裕さ。
短所:値段に対しての安っぽさ。ナビ周りがガラパゴス過ぎて笑う。

評価
外観:★★★☆☆ 
室内:★★☆☆☆ 
走行性能:★★★★★ 
燃費性能:★★★☆☆ 
装備:★☆☆☆☆
満足度:★★☆☆☆ 
このクルマの購入を検討している人にひと言
「クラウンって響きが好きならアリです」

総合評価:走りと燃費には満足しているが……

 今回の3名のオーナーは、いずれも「RS Acvance」というクラウンのなかでももっともスポーティなグレードを選んでいた。つまり、「スポーティ・セダン」としてクラウンを選んだというわけだ。
 サンプル数が3名と少ないので、平均値を出す意味はあまりないが、燃費の良さは驚きだ。さすがTHS2である。
3.5 RS Advanceで14.8km/ℓ
2.5 RS Advanceで21km/ℓ、18.0km/ℓとそのパフォーマンスからいけば驚異的な燃費性能だ。
 とはいえ、総合的な満足度3.3は、やや辛めだ。走りには満足しているが、装備、室内の質感等に関しては、高価格、しかも「クラウンなんだから」という厳しい目で評価しているようだ。

ユーザーの平均評価
外観:4.3
室内:2.7
走行性能:4.7
燃費性能:4.0
装備:3.0
満足度:3.3

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ