MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. ライズ

トヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキー以上C-HR以下の新型コンパクトSUVはどんなクルマになるのか? 日本発売はあるか?

  • 2020/01/21
  • MotorFan編集部 鈴木慎一
このエントリーをはてなブックマークに追加
登場が予告されたトヨタの新型コンパクトSUV

トヨタは、欧州市場に導入する新型コンパクトSUVの導入計画を発表した。ジャーナリストを集めたアムステルダムのイベントで新型コンパクトSUVのシルエットが示された。果たして、この新型コンパクトSUVとはどんなクルマになるのか?

欧州で年間10万台を売る(つもり)の新型コンパクトSUV

 新型コンパクトSUVの名前、価格、導入などのタイミングについては、将来発表予定だ(To Be Announced)。新型コンパクトSUVは、GA-Bプラットフォームを採用する「ヤリス」と並んで、フランスのトヨタモーターマニュファクチャリングフランス(TMMF)で製造される。つまり、TNGAのGA-Bプラットフォームを採用するコンパクトSUVになるということだ。
 柔軟性のあるGA-Bプラットフォームにより、長さ、幅、高さ、ホイールベースが異なる車両をサポートできるという。これは、つまり、「単なる背の高いヤリスではない」ということを示唆している。
 トヨタ・モーター・ヨーロッパ エグゼクティブ・バイス・プレジデントのMatt Harrison氏は「完成したモデルを見るのに長く待つ必要はない」とコメントした。さらに、「このモデルはヨーロッパで成功するヤリスの販売台数に追加され、これらの車両が2025年までにヨーロッパでのトヨタ販売台数の約30%を占めるようになると予想される」とコメントしている。

 トヨタの2019年欧州販売台数は108万9422台(レクサスを含む)。この30%となれば、約32万7000台ということになる。またレクサスを含めなければ約30万台ということになる。
 現在のヤリスの販売台数が、ハイブリッドを含めて22万4368台だから、単純にいえばこの新コンパクトSUVでプラス10万台を狙うということになる。
 ちなみに、欧州でのトヨタのSUVの販売台数は
C-HR:13万8906台
RAV4:13万9725台
ハイランダー:1658台
ランドクルーザー:4万4306台
ハイラックス:3万8179台
レクサスNX:2万4309台
レクサスUX:2万943台
レクサスRX:1万8657台

 となっている。

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ