MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. オデッセイ

〈ホンダ・オデッセイ〉低重心を活かしたスポーティで上質な乗り味【ひと目でわかる最新ミニバンの魅力】

  • 2020/02/11
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影車両:ハイブリッド アブソルート・EX Honda SENSING

月間登録台数:1159台(19年6月〜11月平均値)
現行型発表:13年10月(マイナーチェンジ 17年11月)
JC08モード燃費:26.0km/ℓ ※「ハイブリッド Honda SENSING」

REPORT●山本晋也(YAMAMOTO Shinya)
PHOTO●平野 陽(HIRANO Akio)
MODEL●藤木由貴(FUJIKI Yuki)

※本稿は2019年12月発売の「2020年 最新ミニバンのすべて」に掲載されたものを転載したものです。

ハイブリッドは標準系が16インチタイヤで、アブソルート系は17インチの設定。ガソリン車は17インチが標準、FFは18インチがオプションとなる。17インチアルミホイールの意匠はパワ ートレーンに限らず共通だ。

■主要諸元 ハイブリッド アブソルート・EX Honda SENSING
全長×全幅×全高(㎜):4840×1820×1685
室内長×室内幅×室内高(㎜):2935×1560×1305
ホイールベース(㎜):2900
トレッド(㎜) 前/後:1560/1560
車両重量(㎏):1890
エンジン種類:直列4気筒DOHC+モーター
総排気量(㏄):1993
エンジン最高出力(kW[㎰]/rpm):107[145]/6200
エンジン最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):175[17.8]/4000
モーター最高出力(kW[㎰]/rpm):135[184]/5000-6000
モーター最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):315[32.1]/0-2000
燃料タンク容量(ℓ):55(レギュラー)
トランスミッション形式:電気式無段変速機
駆動方式:FF
タイヤ・サイズ:215/55R17
最小回転半径(m):5.4
JC08モード燃費(㎞/ℓ):24.4
車両本体価格:431万4852円

先進安全装備

センサーに単眼カメラとミリ波レーダーを使う「Honda SENSING」にはACCも含まれるが、渋滞に対応するのはハイブリッドのみ。ガソリン車は低速ではACCがキャンセルされるタイプだ。そのほかの安全機能は同等となる。

撮影車両データ

ボディカラー:プラチナホワイト・パール
オプション装備:特別塗装色(4万4000円)/Honda純正ナビゲーション Gathers 9インチプレミアムインターナビ/フロアカーペットマット/ドライブレコーダー

ボディカラー

インパネ

シンプルで大きなスピードメーターの中央にカラーディスプレイを配置するレイアウトは共通だが、ハイブリッドはブルー、ガソリン車はレッドと色味を変えている。ガソリン車の上級グレードにはパドルシフトが備わるのも違いだ。ハイブリッドのみEPBを採用する。

乗降性

1列目:助手席シート高685㎜ ステップ高380㎜
2列目:シート高725㎜ ステップ高300㎜
3列目

フロアが低めとなっているため足を上げなくても乗り込めるのは美点。特に2列目の乗りやすさは前席を圧倒するもの。ステップが前方に行くほど低いため、スライドドア車としては驚くほど足を上げずに済む。2列目シートのスライド量も十分に確保されているため、3列目の乗降性についても不満はない。

ミラー・トゥ・ミラー:2180㎜ 全幅:1820㎜
開口高:520㎜ 全高:1685㎜
リヤゲート 地上高:1870㎜ 全長:4840㎜ 最小回転半径:5.4m

スライドドアのミニバンとして見ると背は高くないが、ホンダ独自の低床設計によりキャビンは外観から想像するよりも広い。それが乗降性の良さやロールやピッチングの悪影響を抑えた快適性につながっている。ホイールベースが2900㎜と短いおかげもあって、最小回転半径は小さく、街中での取り回し性に優れているのも隠れた魅力のひとつだ。

居住性

1列目

フラットな座面で乗降性を、サポートのしっかりとした背もたれでホールド性をバランスさせる。アイポイントが高く遠くまで見渡すことができるのも美点のひとつ。運転席は8ウェイ電動調整式、助手席は4ウェイ電動調整式となっている。

3列目
2列目

2-3列目にエアコン吹き出し口が用意されていることからもわかるように、どこに座っても快適な空間だ。いずれもタンデムディスタンスは余裕たっぷりで、座面と床の位置関係も問題ない。3列目の座面は一体だが、背もたれは3分割でリクライニングができる。

ラゲッジルーム

通常時:高さ1020㎜ 奥行き380㎜
2+3列目格納時:幅910㎜ 奥行き1590㎜
3列目格納時:奥行き1320㎜

3列目シートは回転させて床下に格納するというユニークな機構。そのため3列目使用時には格納スペースがそのまま荷室となる。その状態での荷室高は1260㎜もあり、3列目格納時の荷室高が1020㎜となっている。2列目が畳めないため最大時の奥行きは稼げないがシートの中央を貫くスペースを利用すれば、2190㎜の長尺物を積載することができる。

うれしい装備

「EX」系に標準装備される運転席アームレストは巨大で、左右席で同時使用をしても余裕がある。角度調整もしやすいため、体型を問わずロングドライブの味方になってくれる。
背もたれの中折れ機構によりボディにフィットするプレミアムクレードルシートにはオットマンも備わる。7人乗り仕様に標準装備。
トリプルゾーンコントロール・エアコンを装備する「EX」系には天井に後席用のエアコン操作ユニットが設置される。タッチパネルタイプで高級感がある。
周囲の状況をディスプレイに映すマルチビューカメラシステムはパーキングアシストやパーキングセンサー とセットで「EX」系に標準装備されている。
ハイブリッドには、高速道路の渋滞時に停止までカバーする全車速対応型ACCが標準装備される。設定速度の上限は135㎞/hとなる。
ハイブリッド専用装備となるEPBスイッチはインパネ右下に配置。停車時にブレーキペダルから足を離せるオートホールド機能付き。
2列目キャプテンシートの前側にはドリンクボトルやスマートフォンを置いておくのにちょうどいいサイズ感のホルダーが備わる。
インパネ中央下のセンターコンソールリフトアップトレーはボタンを押すと飛び出してくる。ドリンクホルダーも備わっている。

SEAT ARRANGE

7人乗り:2名乗車+最大ラゲッジスペース
7人乗り:4名乗車+シートロングスライド
8人乗り:2名乗車+最大ラゲッジスペース
8人乗り:1列目シートフルフラット状態

3列目を格納して2列目キャプテンシートを最後端までスライドすればリムジンさながらのスペースを生み出せる。このように2列目の快適性に優れるのが特徴だが、最大ラゲッジスペースをつくろうとすると、どうしても2列目が邪魔に感じてしまう。その傾向は8人乗りでも同様だ。ハイブリッドでもシートアレンジが制限されることがないのは美点のひとつ。

バイヤーズガイド

スポーティさと多人数乗用ならガソリンの「アブソルート」に尽きるが、乗り心地や燃費性能、使い勝手を優先するなら「HVアブソルート」がお薦めだ。ガソリン車に対してメーターまわりの先進感、HVの標準車に対してはシート地の高級感などで凌ぎ、価格も標準HVの約10万円高でしかない。

ハイブリッド全車とガソリン車の7人乗りはFFのみ、4WDをマストとするとガソリン車の8人乗りにしか選ぶことができない。なおガソリン車のFFと4WDで比べると、WLTCモード燃費は0.6㎞/ℓしか変わらない。
アブソルート・EX Honda SENSING
ハイブリッド・ Honda SENSING

ハイブリッド アブソルート・ Honda SENSING

モーターファン別冊 統括シリーズ Vol.122 2020年最新ミニバンのすべて

最新21車種徹底ガイド!
人気のSSクラス、定番のMクラスからスタイリッシュな輸入ミニバンまで
便利で遊べるミニバンラインナップ!
王者アルファード/ヴェルファイアにライバル登場?
究極の6人/8人乗り贅沢ミニバン
トヨタ・グランエース!!
デザイン一新&全方位運転支援システム搭載!
新型セレナ
アクティブ派の新コンパクトミニバン
フリード・クロスター

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ