MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. シャトル

〈ホンダ・シャトル〉コンパクトでも広さ自慢の5ナンバーワゴン【ひと目でわかる国産新型車の魅力】コンパクトカー レビュー

  • 2020/03/23
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影車両:HYBRID Z・Honda SENSING

WLTCモード燃費:25.2km/ℓ ※HYBRID Honda SENSING(FF車)
月間販売台数:2827台(7月〜12月平均値)

REPORT●小林 秀雄(KOBAYASHI Hideo)
PHOTO●宮門 秀行(MIYAKADO Hideyuki)
MODEL●森脇 亜紗紀(MORIWAKI Asaki)[身長160㎝]

※本稿は2020年1月発売の「2020年 国産新型車のすべて」に掲載されたものを転載したものです。

マイナーチェンジで前後バンパー、テールゲート、リヤコンビネーションランプなどのデザインを変更。クロームメッキパーツも採用し、上質感を高めた。

■HYBRID Z・Honda SENSING
全長×全幅×全高(㎜):4440×1696×1545
室内長×室内幅×室内高(㎜):1925×1450×1290
ホイールベース(㎜):2530
トレッド 前/後(㎜):1475/1475
車両重量(㎏):1240
エンジン形式:直列4気筒DOHC+モーター
総排気量(㏄):1496
エンジン最高出力(kW[㎰]/rpm):81[110]/6000
エンジン最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):134[13.7]/5000
モーター最高出力(kW[㎰]/rpm):22[29.5]/1313-2000
モーター最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):160[16.3]/0-1313
燃料タンク容量(ℓ):40(レギュラー)
トランスミッション形式:7速DCT
駆動方式:FF
サスペンション 前:ストラット 後:車軸式
ブレーキ 前:ベンチレーテッドディスク 後:リーディングトレーリング
最小回転半径(m):5.2
WLTCモード燃費(㎞/ℓ):22.8
タイヤ・サイズ:185/55R16
車両本体価格:260万7000円

先進安全装備(Honda SENSING)

衝突軽減ブレーキや誤発進抑制機能など、8つの安全機能を備えるHonda SENSINGを標準装備。ACCとLKASも採用されているが、作動する速度は前者が約30㎞/h以上、後者が約65㎞/h以上となっている。

ボディカラー

※1は3万3000円高。 ※2は5万5000円高。

SHUTTLEの3つのポイント

1.内外装デザインをリフレッシュ
2.オートハイビームの追加で安全性向上
3.クラストップレベルの大容量ラゲッジ

エンジン

ハイブリッド車は1.5ℓエンジンと7速DCT、最高出力22kWのモーターを組み合わせたシステムを搭載。WLTCモード燃費の最良値は25.2㎞/ℓを誇る。

インパネ

「HYBRID Z・Honda SENSING」のインパネ加飾には光沢感のあるピアノブラックが新たに採用された。大きなハイデッキセンターコンソールには収納類が充実。通信機能を備えるHondaインターナビは一部にメーカーオプション設定。
〈後席〉
〈前席〉

シートのデザインが変更され、一部グレードには写真の本革シートをオプションとして設定。後席シートにはリクライニングも備わり、膝前が約190㎜、頭上が約80㎜という広々とした空間の中、ゆったりと座ることができる。

うれしい装備

一部グレードの後席シートバックにはマルチユースバスケットを標準装備。プラスアルファの収納として使えるのはもちろん、走行中に動いてしまいそうな軽い荷物を置いておくのにも便利。使わない時は折り畳んで格納しておくことができる。
ハイデッキコンソールの下にはポケット収納を装備。ナビ装着車はUSBも備わり、スマホの充電もできる。
Honda SENSINGは全車に採用。新たにオートハイビームが追加され、一部グレードに標準装備される。
一部に標準装備されるリヤセンターアームレストにはカップホルダーが追加され、後席の利便性が高まった。

ラゲッジルーム

〈通常時〉最小幅:960mm 奥行き:960mm
〈後席格納時〉高さ:840mm 最大奥行き:1860mm

通常時でも570ℓという大容量ラゲッジルームを装備。6対4分割可倒式の後席を倒さなくても、ゴルフバッグ4個を積載できる。開口部地上高の低さも特筆的で、重い荷物も出し入れしやすい。床下収納もかなり大きくて便利。

使い勝手撮影車両データ

インテリアカラー:ブラック
オプション装備:ドライブレコーダー/フロアカーペットマット

バイヤーズガイド

ガソリンでも十分に走るが、余裕あるハイブリッドで上級ワゴンに負けない走りを楽しむのが本筋。中間の「ハイブリッドX〜」なら安全装備はすべて標準で、静粛対策も最上級の「ハイブリッドZ〜」と同等である。

ハイブリッド車3グレード、1.5ℓガソリン車1グレードをラインナップ。すべての仕様にFFと4WDが設定される。最上級グレードのみ16インチアルミホイールを標準装備。
HYBRID Z・Honda SENSING
G・Honda SENSING

モーターファン別冊 統括シリーズ Vol.123 2020年 国産新型車のすべて

話題のマツダ3も、新型スープラも。
2019年に登場した主要26車種を完全ガイド

272ps+スポーツ4WD “GR FOUR”搭載、GRヤリスがワールドプレミア

主役はコンパクト
人気のSUVも、軽&コンパクトカテゴリー充実!

スズキ・ハスラー/トヨタ・ヤリス/ダイハツ・ロッキー/トヨタ・ライズ/トヨタCH-R/ホンダ・フリード/スバル・インプレッサ/マツダCX-30/トヨタ・カローラ/レクサスRX/三菱RVR/日産セレナ/マツダ・マツダ2/ホンダN-WGN/日産スカイライン/ダイハツ・タント/マツダ・マツダ3/トヨタ・スープラ/スバルWRX/ホンダ・シャトル/トヨタRAV4/日産デイズ/三菱eKワゴン & ek X/三菱デリカD:5/スズキ スペーシアギア

専用3ドアボディで396万円~
GRヤリス予約開始!!

新型FIT 登場!

6年ぶりにフルモデルチェンジした新型フィットがついに登場。「心地よさ」をテーマに開発された内外装は疲れにくく良好な操縦性。ハイブリッドの滑らかな走りや先進安全装備なども注目の一台だ。

人気ジャンル!コンパクトSUVの魅力

世界的なSUVブームは衰えることを知らず、日本ではコンパクトSUVの新型車ラッシュが続く。時代にフィットする人気ジャンルの理由を探る。

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ