MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. アウディ|AUDI
  4. A3

新型アウディA3と新型VWゴルフ8を比べたら、どっちが大きい? どっちのスタイルが好み? 現行モデルと比べたら?

このエントリーをはてなブックマークに追加
左が新型アウディA3、右がVWゴルフ8

アウディ新型A3アウトバックを発表した。プレミアムコンパクトの定番モデルは、どう進化したか? まずは、旧型(現行3代目)、そして新型フォルクワーゲン・ゴルフ8とも比べてみよう。

まずは新旧比較から

アウディが四世代目となる新型「A3スポーツバック」を発表! 欧州では3月から先行販売がスタート

3月3日、アウディはフルモデルチェンジを受けて四代目となった新型「A3スポーツバック」を発表した。欧州では3月から先行販売...

あわせて読みたい
新型アウディA3

 新型アウディA3スポーツバックは、最新アウディらしいスタイルとデザインを身に纏って登場した。どこから見てもアウディに、どこから見ても、プレミアムに見えるところが、さすがアウディである。
 この新型A3の技術的なハイライトについては、詳細をまた別でレポートするが、今回はまず、気になる、新旧サイズ比較をしてみよう。

 新型A3、ゴルフ8ともに、プラットフォーム(技術基盤)は、VWグループのエンジン横置きエンジンのモジュラー・プラットフォームであるMQBを使う。もっといえば、現行A3も現行ゴルフ7もMQBだから、どちらも先代のリファイン版という位置づけでもある。

現行アウディA3スポーツバック

現行アウディA3スポーツバック 充分スタイリッシュでかっこいいデザインだ。もちろん古臭さなど感じない

新型アウディスポーツバック

新型アウディA3スポーツバック こうしてみると、やはり新型の方が新鮮さを感じさせる

 並べてみよう。

青が新型、赤が現行モデル

 ボディサイズは
新型アウディA3 スポーツバック
全長×全幅×全高:4340mm×1820mm×1430mm
ホイールベース:2640mm

 と発表されている。とはいっても、「4.34m、1.82m、1.43m」というやや大雑把な数字だから、詳細は別かもしれない。
 ちなみに、現行のドイツ本国でのボディ寸法は

現行アウディA3 スポーツバック
全長×全幅×全高:4241mm×1777mm×1424mm
ホイールベース:2602mm
 となっている。

 ここでは、日本仕様のボディサイズで比較してみよう。
現行アウディA3 スポーツバック日本仕様
全長×全幅×全高:4225mm×1785mm×1450mm
ホイールベース:2635mm

 つまり、新型は全長が115mm長く、全幅が35mm幅広く、全高が20mm低くなっている。
ホイールベースは5mm、現行モデルより長い。
 端的にいって、新型の方がのびやかでスポーティに見えるのは当然だ。

上が現行(全長×全幅×全高:4225mm×1785mm×1450mm ホイールベース:2635mm) 下が新型(全長×全幅×全高:4340mm×1820mm×1430mm ホイールベース:2640mm)

 次は正面視である。

左が新型、右が現行モデル
左が新型、右が現行モデル

 次はインテリアを見てみよう。

現行アウディA3スポーツバック

現行アウディA3スポーツバック

新型アウディA3スポーツバック

現行アウディA3スポーツバック

現行アウディA3スポーツバック

新型アウディA3スポーツバック

新型アウディA3スポーツバック

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ