MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. フィット

従来のスポーティ路線から一転、親しみやすさを追求したホンダ新型フィットの魅力を競合車との比較で明らかにする! 癒し系のホンダ新型フィットと個性派ライバル トヨタ・ヤリス、日産・ノート、スズキ・スイフトと徹底比較!

  • 2020/04/01
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加

国産コンパクトカーのビッグネームであるヴィッツ(ヤリス)とフィットが相次いで新型となって登場。迎え撃つのはコンパクトカー売上No.1を誇るノートと、欧州コンパクトにも引けを取らないスイフトだ。個性豊かな新型の登場で、コンパクトカー選びがより一層楽しくなる。

REPORT●石井 昌道(ISHI Masamichi)
PHOTO●神村 聖(KAMIMURA Satoshi)
※本稿は2020年2月発売の「新型フィットのすべて」に掲載されたものを転載したものです。

ホンダ・フィット e:HEV LUXE:新型フィット 20年の時を経て新たな時代に沿ったコンセプトを追求

四代目への進化にあたり、「数値では語れない価値」という感覚性能も研ぎ澄まされた。搭載されるパワートレーンは、新開発CVTが組み合わせられた1.3ℓガソリンエンジンと、小型化された1.5ℓの2モーターハイブリッド。ともにコンセプトに相応しい走りを獲得している。

 四代目にして大きくイメージを変えてきたフィット。スタイリングはスポーティーだった先代モデルから一転して愛玩動物のように親しみやすくなった。コックピットに腰掛けてみれば、フンワリと身体を包み込むシートにやたらと開けた明るい視界。全てが穏やかで乗員に優しい。走り出す前から、なんだかウキウキとしてくるのだ。

 振り返ってみれば、20世紀のBセグメントカーのハッチバッグと言えば、やすく手短で、一応は5人乗れて荷物もそれなりに乗るという、ベーシックカーという表現がピッタリのモデルだった。ところが2001年デビューの初代フィットはセンタータンクレイアウトという画期的なプラットフォームを開発して、コンパクトカーとは思えないほど広々とした室内空間を実現。見た目品質も良く、Bセグメントながら従来では考えられないほど幸せなファミリーカーだったのだ。ホンダはすべての人に、「生活の可能性が拡がる喜び」を提供することをヴィジョンとして掲げているが、初代フィットは見事にそれを成し遂げたと言えるだろう。

 二代目、三代目は正常に進化していったが、広さや低燃費性能などは当たり前のものとなりつつある。機能だけではない、新たな「生活の可能性が拡がる喜び」を日本の成熟した自動車ユーザーに対して盛り込むのであれば、カタログの数値等には現れない感覚性能が必要。そこでコンセプトとなったのが”心地よい”であり、前述のルックスやシートの感触、視界の良さ、その他の使い勝手などあらゆる面でそれが追求されている。

 先に新型フィットの全体的な乗り味を記しておくと、見て触れて感じた印象と違わず優しさがあり、いわば癒し系。”心地よい”が走らせてみても実感できるのである。

 プラットフォームはキャリーオーバーであるが、大幅な改良が施された。肝要なのはサスペンションをとにかくスムーズにストロークさせること。ボディやサスペンション取り付け部など剛性を高めるべきところは高め、可動部のフリクションは徹底的に低減従来モデルも乗り心地が硬いというほどではなかったものの、サスペンションのストロークに渋いところがあったが、見事に払拭したのが新型が獲得した乗り味だ。

 そんな新鮮さを持った新型フィットと比較乗車するのは、ハイブリッドシステムが近似しているノートe-POWERと、欧州風の乗り心地が玄人筋からも評価されているスズキ・スイフト。トヨタ・ヤリスは同時に乗ることは叶わなかったが、プロトタイプ試乗の記憶を頼りに記していくことにする。

WLTCモード燃費:27.4㎞/ℓ
直列4気筒DOHC/1496㏄ 
エンジン最高出力:98㎰/5600-6400rpm
エンジン最大トルク:13.0㎏m/4500-5000rpm 
モーター最高出力:109㎰
モーター最大トルク:25.8㎏m 
車両本体価格:232万7600円

おすすめのバックナンバー

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ