MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. マツダ|MAZDA
  4. MAZDA6ワゴン

CX-5/CX-8にも搭載されるSKYACTIV-G2.5T:マツダのフラッグシップ、MAZDA6の2.5ℓスカイアクティブ・ターボの価値とは?

  • 2020/03/22
  • MotorFan編集部 鈴木慎一
このエントリーをはてなブックマークに追加
MAZDA6ワゴン 25T S Package 車両価格○431万7500円

現行マツダでもっともパワフルなエンジンが、SKYACTIV-G2.5Tである。2.5ℓ直4DOHCをダイナミック・プレッシャーターボで過給したマツダ流ライトサイジング過給エンジンだ。MAZDA6、CX-5、CX-8で選ぶことのできるSKYACTIV-G2.5Tの価値とはなんだろう?

SKYACTIV-G2.5Tのポジショニング

 マツダのフラッグシップたるMAZDA6のワゴンに試乗した。エンジンは、2.5ℓ直4ガソリンターボのSKYACTIV-G2.5Tである。
 MAZDA6は、過去にSKYACTIV-D2.2(2.2ℓ直4ディーゼルターボ)搭載モデルを試乗した。

新型マツダ・アテンザ(Mazda6)燃費は?走りは?質感は?580kmドライブしてわかったこと。:XD L Package(AWD)

マツダのフラッグシップをCX-8と思っている人もいると聞くが、いやいや、フラッグシップは「アテンザ=Mazda6」である。デビ...

あわせて読みたい

 SKYACTIV-D2.2の出来の良さについては、充分に体感済みだ。いつ乗っても豊かなトルク、優れたNV性能、高い燃費性能で、「ああ、やっぱりディーゼルっていいな」と思わせてくれる。
 一方のSKYACTIV-G2.5Tについても、CX-8で試乗済みだ。

マツダCX-8 25T 燃費は?:800km走って2.5ℓガソリンターボの実力を考えた。選ぶべきはガソリンかディーゼルか

マツダの人気SUVの最上級モデル、CX-8に2.5ℓのターボエンジン(SKYACTIV-G2.5T)が追加された。このG2.5Tを搭載したL Package...

あわせて読みたい
エンジンカバーが付いているとこう見える
ご興味のある方は少ないと思いますが、これがエンジンカバー
裏側はこうなっている
SKYACTIV-G 25T エンジン形式:直列4気筒DOHCターボ エンジン型式:PY-VPTS型 排気量:2488cc ボア×ストローク:89.0mm×100.0mm 圧縮比:10.5 最高出力:230ps(169kW)/4250rpm 最大トルク:420Nm/2000rpm 過給機:ターボチャージャー 燃料供給:筒内燃料直接噴射(DI) 使用燃料:レギュラー 燃料タンク容量:62ℓ

 マツダ・ガソリンエンジンでもっともパワフルなG2.5Tの印象はCX-8ではあまりポジティブなものではなかった。「これならD2.2の方がいいな」と感じたのだ。
 とはいえ、車重1890kgのCX-8だったから、ということもあり、いつか車重が軽いMAZDA6(今回試乗したワゴン 25T Sパッケージは車重1590kg)でもう一度試したいと思っていた。

 まだ試乗の途中なので、結論は出していないが、まずは、SKYACTIV-G2.5Tのポジションニングから考えてみたい。

 言うまでもないことだが、SKYACTIV-G2.5Tが向いている先は、アメリカ市場だ。北米はいまだディーゼル不毛の地。いかにSKYACTIV-Dが優れていようとも容易に受け入れられない。アメリカは、大排気量マルチシリンダーが大好きな国なのだ。
 とはいえ、アメリカにもダウンサイジングの波は押し寄せ、V8をV6ターボに、V6を直4ターボにダウンサイズ&レスシリンダーする流れとなった。

 マツダでいうと、3.7ℓV6自然吸気のMZI型が今回のSKYACTIV-G2.5Tにダウンサイズされたわけだ。
3.7ℓV6 MZI:最高出力277ps(204kW) 最大トルク366Nm
2.5ℓ直4ターボ SKYACTIV-G2.5T最高出力230ps(169kW) 最大トルク420Nm

奥に見えるのがダイナミック・プレッシャーターボ

ダイナミック・プレッシャーターボ! CX-5に新たに搭載された2.5ℓ直4ターボ:SKYACTIV-G 2.5T

■PY-VPS シリンダー配列 直列4気筒 排気量 2488cc 内径×行程 89.0mm×100.0mm 圧縮比 10.5 最高出力 169kW(230ps)...

あわせて読みたい

 要するに、マツダにとって重要な北米市場のV6自然吸気の代替がSKYACTIV-G2.5Tといことだ。

 ヨーロッパは、だいぶ比率は下がったとはいえ、ディーゼルが好まれる。CO2規制(95g/km規制)が厳しいヨーロッパにはSKYACTIV-G2.5Tではなく、SKYACTIV-XでありSKYACTIV-Dで対応する。

 日本だけ(厳密には日本だけではないだろうが)が、SKYACTIV-D2.2とSKYACTIV-G2.5Tから選択ができるのだ。
 これがややこしい。
 北米であれば、上級グレード選べば、それはSKYACTIV-G2.5Tだし
ヨーロッパであれば、SKYACTIV-D2.2(MAZDA3とCX-30にはSKYACTIV-Xがあるが)となる。

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

新型コロナウイルスと自動車業界

新型コロナウイルスと自動車業界 一覧へ

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ