MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

GMもフォードもトヨタもテスラもメルセデス・ベンツも!新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックに対応するために自動車メーカーも協力体制へ

  • 2020/03/31
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
フォードはGEと組んで人工呼吸器の製造をスタートする

新型コロナウイルス(COVID-19)との戦いに自動車メーカーも積極的に加わっている。急増する患者に対応しきれず不足している人工呼吸器や医療機器の生産に乗り出しているのだ。

GMは医療機器メーカーのベンテック・ライフ・システムズとともに人工呼吸器の生産を開始する

 GMは米・国防生産法に基づいて医療機器メーカーと組んで人工呼吸器の生産を始める。インディアナ州の電子部品工場に人工呼吸器の生産設備を導入し、4月から月産1万台のペースで生産を行なう。パートナーは医療機器メーカーのベンテック・ライフ・システムズである。
 フォードも3月30日に新型コロナウイルスによる肺炎の患者のための人工呼吸器を100日以内に最大5万個生産するすることを発表している。こちらは、ゼネラル・エレクトリック(GE)と人工呼吸器メーカーのエアロン社と協力して、ミシガン州の車載電池の工場に専用の生産設備を導入し、100日以内に5万台、その後は最大月産3万台生産する。トヨタも人工呼吸器メーカー2社と連携して部品供給や物流の支援を行なう。
 テスラもアイルランドの医療機器大手のメドトロニックと連携してテスラ が開発・設計した人工呼吸器の生産を請け負うことを明らかにしている。
 GM、フォード、トヨタ、テスラ に続いて、メルセデス・ベンツも新型コロナウイルスの戦いの後方支援を始める。

メルセデスは3Dプリンター技術を医療機器製造に応用する

 ダイムラーは、3Dプリンターを使用して、現在の新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミックに対応するための医療技術で緊急に必要とされるコンポーネントの製造を支援する。

「我々は、優秀なチームと3Dプリンティング技術における長年の経験により、医療機器の製造に貢献する準備ができています」と、メルセデスベンツAG、製造およびサプライチェーンの管理委員会のメンバーであるJörgBurzer氏は語っている。
「この目的のために、我々はバーデンヴュルテンベルク州政府とも連絡を取り合っています。我々の専門知識は生産に利用できま当社の3Dプリンターは間違いなく入手可能です」
 メルセデス・ベンツは、付加製造(Additive Manufacturing=塑像のように材料を付加しながら製造していく造形方法)の研究と応用における30年間の経験がある。乗用車部門では、3Dプリンティングは通常、プロトタイプ開発と少量生産で使用している。これを不足してしる医療機器の製造に生かす考えだ。

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ