Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ロータス|LOTUS
  4. エヴォーラ

「ロータス・エヴォーラ」にコンフォート性を重視した「GT410」が追加設定! 税込1397万円から

このエントリーをはてなブックマークに追加

4月22日、ロータス・カーズの日本正規販売総代理店であるエルシーアイは、「ロータス・エヴォーラGT410」の受注を開始した。税込車両価格は6速MT車が1397万円、6速AT車が1437万7000円だ。

ツーリングサスペンション搭載で快適性を重視した走りを実現

 日本でもすでに発売されている「エヴォーラGT410スポーツ」は、スポーツ志向のシャシーを搭載しており、質の高い走りで好評を得ている。このたび導入された「エヴォーラGT410」はエヴォーラのもつ高いシャシー性能はそのままに、ツーリングサスペンペンションを採用したことで快適性も重視したセッティングが特徴だ。

 このほか、GT410に採用されている標準装備アイテムは、GFRP製フロントアクセスパネル&ルーフや、GFRP/ガラス製リヤテールゲート、ミシュラン・パイロットスポーツ4Sタイヤ、スパルコ製リクライニング機構付きスポーツシート、ケンウッド製ナビゲーション/光ビーコン対応ETC2.0車載器が挙げられる。

 416ps/420Nmを発揮する3.5L V型6気筒スーパーチャージャーエンジンに、6速MTまたは6速ATを組み合わせるパワートレインは、基本的にエヴォーラGT410スポーツと同じだが、車量重量はGT410スポーツがMTで1361kg、ATで1368kgであるのに対して、GT410はそれぞれ1375kg、1382kgと、若干重くなっている。

 今回のエヴォーラGT410の発売に伴い、エヴォーラGT410スポーツも一部仕様変更を受けている。カーボン製だったルーフがGFRP製になったほか、カーボンスポーツシートはスパルコ製リクライニング対応スポーツシートに、リチウムイオンバッテリーは12Vウエットバッテリーに変更。これまでオプション扱いだった防音仕様やマッドフラップは標準装備化されている。さらに、オプションだったクラリオン製ナビゲーションは、光ビーコン対応ケンウッド製ナビゲーションとして標準装備リストに加えられている。

 このたびの発表では、一部モデルの価格改定や仕様変更も報じられている。「エキシージ・スポーツ410」は従来の1424万5000円から1358万5000円に値下げされた。また、「エキシージ・スポーツ350」に設定されていたパドルシフト付き6速AT仕様の設定がラインナップから削除された。

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ