MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. 交通取締情報局
  3. オービス情報

旧型レーダー式オービス撤去ポイントに復活した、怪しい緊縮財政型(?)オービスの正体、とは? 消えたはずのオービスが、突如、復活!! でも、なんで今さら、ポンコツレーダーなの?【交通取締情報】

  • 2020/04/25
  • 「東新宿交通取締情報局」
このエントリーをはてなブックマークに追加

国道19号線下り、岐阜県土岐市和泉町に設置されていたオービスが撤去されたのは、2018年春。なにしろ寿命間近か、いや、すでにダミーと言われていた旧型レーダー式ということで、誰もが「当然の成り行き」と思っていたはずだ。ところが! なんとこの4月に同じ場所に同じ機種のオービスが突如、復活! 一体、なぜ?

相変わらずダミーの可能性、激高!?

ご丁寧に2枚の事前警告板も復活! ほんとに生きてたら、怖い!

 この三菱電機製のレーダー式オービスが登場したのは、もう40年も前の話。しかも、数々の誤測定疑惑により、その三菱電機は10年以上前にオービスの製造&保守から撤退している。そのため、いまだに各地に残存する同型オービスはほとんどダミーの可能性が高いと言われ、すでに過去の遺物化していると言っても過言じゃない。

 ところが、今回、復活したオービスは、まさにそのポンコツレーダー式オービス。最新型のレーダー式とレーザー式の移動オービスを県内くまなく意欲的に活用している岐阜県警の所業とは、とても思えない。オービス撤去により交通事故が増えたとしても、今更、過去の遺物を引っ張り出してくるよりも、ご自慢の移動オービスやレーダーパトカーで取り締まりを強化すればいいだけの話、だからだ。

 となると、答えは簡単。このポンコツは、たぶんだが、「ダミー」だと思ってもよさそうだ。事実、その取り締まり効率の悪さから、全国的に、特に一般道での新設が絶えて久しいだけに、「そこにある」だけである程度「スピード抑止」効果を発揮してくれるオービスの本来の特性を生かすべく、あえて旧型を復活させたと考えたほうがつじつまが合う。緊縮財政の今、コストが設置費用だけで済むというメリットも、でかい。

 もちろん、あくまでも推測なので過信は禁物だが、どちらにしても、反則金目当てではなく、スピード抑止により悲惨な交通事故を防ぐというこのやり方は、当情報局も大賛成。今こそ不要不急の移動オービス購入費を含む取り締まり強化予算は、ぜひ、コロナ禍によりひどい目に合っている人に回しましょう!

正しいオービス情報は、こちら!

オービス撤去情報! 国道19号線土岐市のレーダーがついにギブアップ!【交通取締情報】

旧レーダー式&Hシステムの撤去が粛々と進む中、岐阜県土岐市、国道19号線のレーダー式オービスがついに撤去された!

あわせて読みたい

コロナのおかげ(?)で交通事故半減! 不要不急の移動オービス調達予算、ぜひ、コロナ禍被害者救済に使いましょう!【交通取締情報】

国家が歴史的危機に見舞われているというのに、相変わらず今、警察は新型コロナウィルス騒動をよそに、移動オービスウィルス...

あわせて読みたい

2019年、自動速度取締機、Hシステムの撤去が再加速! 新たな理由が判明した!【交通取締情報】

Hシステムの撤去が止まらない。2019年1-3月に全国で15機のオービスが撤去されたが、その内、なんと、13機がHシステム! すで...

あわせて読みたい

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ