MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ポルシェ|PORSCHE
  4. 911

新型ポルシェ911の「カレラS」「カレラ4S」に7速MT仕様が登場! スポーツクロノパッケージを標準装備

  • 2020/04/28
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

4月28日、ポルシェは新型(タイプ992)の「911カレラS」および「911カレラ4S」に、7速MT仕様を設定したことを発表した。なお、日本市場への導入に関する情報は今のところ明かされていない。

自動レブマッチ機能の搭載でスムーズなシフトダウンが可能

 カレラSおよびカレラ4Sに設定される7速MT仕様は、PDK仕様ではオプション扱いとなっているスポーツクロノパッケージが標準で組み合わされる。これには可変トルク配分を可能にするPTV(ポルシェ・トルク・ベンクトリング)や、機械式リミテッドスリップディファレンシャルが含まれている。

 この7速MTにはレブマッチ機能が搭載されており、シフトダウン時は自動的にエンジンの回転数を高まり、選択したギヤに合わせたスムーズなシフトダウンが可能だ。

 911カレラSの7速MT仕様の場合で、4.2秒の0-100km/h加速タイム、308km/hの最高速を実現。車重はPDK仕様より45kg軽い1480kgとなる。ちなみに、同モデルのPDK仕様の場合は0-100km/h加速が3.7秒(スポーツクロノパッケージ装着車は3.5秒)で、最高速は同じである。

 また、このスポーツクロノパッケージには、新型911ターボSから導入がスタートした新しいタイヤ温度インジケーターを搭載。従来から搭載されているタイヤ空気圧インジケーターと組み合わされており、タイヤの温度が低い場合はブルーのインジケーターによってグリップ力が低い状態であることが確認可能。タイヤの温度上昇に連れてインジケーターはブルーから徐々にホワイトに変わっていき、タイヤが最大限のグリップを発揮できる温度に達するとホワイト表示される。

 このたびの発表を機にPDK仕様車には、911カレラ・シリーズでは初となる「ポルシェ・イノドライブ」を搭載。これはこれまでパナメーラやカイエンには設定されていたアダプティブクルーズコントロールの拡張で、事前に最大で3km先までの加速・減速を計算し最適な走行計画をリアルタイムに表示してくれるものだ。

 また、新型911シリーズの新しいオプション機能として、フロントノーズを自動でリフトアップしてくれる「スマートリフト」が設定された。ボタン操作によってフロントノーズが約40mmリフトアップされ、段差通過などで起こり得るフロントエプロンの損傷が防げるこの機能は従来から設定されていたが、スマートリフトでは、リフトアップしたい場所(GPS座標によって場所を特定)を登録しておけるので、その都度ボタン操作をすることなくリフトアップが可能となる。

 このほかの新オプションとして、911シリーズのクーペモデルを対象に、軽量で遮音性の高いウインドウが設定。前後左右すべてのウインドウに適用されるこのウインドウは、通常のウインドウより4kg軽量なうえ、ロードノイズや風切り音の低減を実現する。

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ