Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. トピック

トヨタ・モビリティ基金が、フィリピン・マニラで新型コロナウイルス対応を行う医療従事者向けのオンデマンド送迎サービスを開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタは5月8日、同社が2014年8月に設立したトヨタ・モビリティ基金(TMF)により、フィリピン・マニラで新型コロナウイルス感染者に対応する医療従事者向けにシャトルバスによる送迎サービスを開始したことを発表した。

衛生管理されたシャトルバス10台で医療従事者の移動をサポート

 TMFでは、4月中旬から新型コロナウイルス感染症の診断・治療などに携わる医療従事者向けのオンデマンド型シャトルバスの送迎サービスをタイ・バンコクでスタートさせたが、5月8日からは、マニラでも同じサービスを開始した。サービス期間は3カ月間の予定。

 このプロジェクトは、トヨタ・モーター・フィリピンとトヨタ ダイハツ エンジニアリング アンド マニュファクチャリングの運営支援を受けて、フィリピン最大級の国立病院であるフィリピン総合病院に勤務する医療従事者を対象に、通勤の負荷軽減、感染予防を目的に、衛生的なシャトルバス10台をオンデマンドで運行する。

 通勤者が携帯電話のアプリから乗降場所と乗車時間を指定すると、シャトルバス内の座席が予約され、乗降場所は通勤者の自宅近くを指定できるため、通勤の負担が軽減できる。

 また、このシャトルバスは、複数の利用者からの要望を踏まえた最適なルートを選定して運行されるもので、車内には空気清浄機を設置するほか、定期的なシートカバー交換、頻繁な清掃など衛生管理が徹底され、車両の乗客数を制限するなどのガイドラインにも従う。

 TMFは、2014年8月の設立以来、豊かなモビリティ社会の実現とモビリティ格差の解消に貢献することを目的に、タイ、ベトナム、インド、ブラジルでの交通手段の多様化や、日本の中山間地域における移動の不自由を解消するプロジェクトへの助成、障害者向けの補装具開発を支援するアイデアコンテストの実施、水素研究の助成、人工知能による交通流最適化の共同研究など、世界のモビリティ分野における課題に取り組んでいる。

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ