MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンテック
  1. TOP
  2. バイク
  3. ニュース・トピック

まとめ|ちょい珍しい輸入バイク6台インプレ/CBR150R、XSR155、CBF190TR、CBF190R、CB190SS、GIXXER250【動画付き】

  • 2020/05/19
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

CBR150R、XSR155、CBF190TR、CBF190R、CB190SS、GIXXER250SF。ホンダ、ヤマハ、スズキといった耳馴染みのあるメーカーながらも、これらの6車は海外からバイク館SOXが輸入、販売を行うちょっと珍しいモデルたち。ここではそれらのインプレッションとエンジン音動画を一挙紹介しちゃいましょう。

PHOTO●渡辺昌彦(WATANABE Masahiko)
MOVIE●佐藤 快(SATO Kai)
問い合わせ●バイク館SOX(https://bs-sox.com)

目次開く

ホンダCBRの150ccバージョン! CBR150Rは最高のライトウエイトスポーツだ

これが新型油冷エンジンか。話題のスズキジクサーSF250に乗ってみた!

【ちょいレア輸入車】レトロな見た目の155cc。ヤマハXSR155は乗った感じもなかなか良し!

下手な水冷エンジンよりも良いかも。メイドインチャイナのネイキッドスポーツ、ホンダCBF190R試乗

190ccのホンダ車とはナニモノだ!? 新大州ホンダCBF190TR試乗レポート

ちょっぴりレトロが今どきです! ホンダCB190SSは、中国生まれのネイキッドだ。

ホンダCBRの150ccバージョン! CBR150Rは最高のライトウエイトスポーツだ

 エンジンは軽量な車体に対して十分なトルクを発生。低回転でクラッチをつないでも回転が落ちることなく車体が飛び出していくし、流れの速い幹線道路でも中速までを使っていれば十分すぎるくらいの力強さがあるから、パワー不足によるストレスはまったく感じない。

 エンジンの回り方はスムーズ。かすかにシングルの鼓動感をライダーに伝えながら心地よく加速していく。メカノイズも少ない。回していくと回転に比例してパワーが出てきて、そのままレブリミットに飛び込んでいく。
 フラットな性格でエンジン特性に特徴的なキャラクターが与えられているわけではない。しかしその代わり、とても扱いやすい。これが重要なところ……

詳細記事はこちら>>https://motor-fan.jp/article/10014648

これが新型油冷エンジンか。話題のスズキジクサーSF250に乗ってみた!

 250ロードスポーツには、ホンダCBR250RR、ヤマハYZF-R25、カワサキNinja250と強力なライバルが揃っている。どのマシンも高回転型ツインエンジンを搭載して高いスポーツ性を発揮する。
 しかしスズキのニューモデルジクサー250は、これらライバルにパワーで勝負を挑むマシンではない。低中速のトルクを重視した新開発の油冷単気筒エンジンを搭載し、実用域での扱いやすさやスポーツ性を追求しているのである。

 このマシン最大の注目はやはり油冷エンジンだろう。従来の油冷は空冷に近い冷却だったが、ジクサーのエンジンは水冷エンジンのようにジャケットがあり、ヘッドやシリンダーの周りにオイルを流して冷却するというシステムだ……

詳細記事はこちら>>https://motor-fan.jp/article/10014649

【ちょいレア輸入車】レトロな見た目の155cc。ヤマハXSR155は乗った感じもなかなか良し!

 実車を前にした瞬間「これは良いね」とカメラマンと盛り上がった。XSR700や900のレトロモダンなデザインは旧車好きなテスターや今回のカメラマンの好み。そのイメージを実に上手く再現していた。

 ツインチューブタイプのフレームに倒立フォークを採用。タンクやシートの造形だけでなく、メーターやライト類、ハンドルやポジションに至るまで手を抜いていない。それでいて車体サイズが小さいから、とても可愛い感じがする……

詳細記事はこちら>>https://motor-fan.jp/article/10014650

下手な水冷エンジンよりも良いかも。メイドインチャイナのネイキッドスポーツ、ホンダCBF190R試乗

 今回取り上げるCBF190Rは、中国の新大州ホンダ(シンタイシュウホンダ)で生産されているモデルだが、このマシンは中国だけを狙っているわけではない。拡大しているアジアのマーケットで200ccクラスのリーダーとなるべく送り出されたマシンである。
 ホンダは当初、150ccクラスのブランドイメージを構築しようと様々なモデルを投入。ホーネット160でそれなりの成功を収めたが、アジア最大のマーケットであるインドではKTM200DUKEなど200ccクラスが人気。ホンダが当時ラインナップしていたホーネット160とCB300では排気量のギャップがあった。そこで200ccクラスにCB190の各モデルが投入されることになったのである……

詳細記事はこちら>>https://motor-fan.jp/article/10014677

190ccのホンダ車とはナニモノだ!? 新大州ホンダCBF190TR試乗レポート

https://motor-fan.jp/article/10014683

 デザインはモダンなネイキッドスタイルだが、スクランブラーイメージのタイヤとアンダーガードが装着されている為、ネオレトロ的な雰囲気が付加されている。そのおかげでCBF190Rよりも気軽に跨ることができるマシンになっている。「CB190は魅力的だけど、激しいグラフィックでやる気満々のスポーツネイキッドはどうも気恥ずかしい」というライダーはこちらを選ぶことになるだろう。

 エンジンや吸排気系はCBF190Rと同じ為、パワーフィーリングや動力性能は変わりない。中速域のトルクを重視した空冷エンジンは非常にスムーズで振動やメカノイズも少なく、ストリートで扱いやすい特性になっている。

 だからといって上の方で苦しげにならないのがこのエンジンの良いところ。高回転まで引っ張っていっても特にパワーが低下するということもなくレブリミットまで回っていく。インジェクションの味付けも良く出来ていて、レスポンス自体はとても良いのにドンツキも抑えられていて、スロットル開けはじめのフィーリングも自然だ。空冷ではあるが、非常に完成度の高いエンジンである……

詳細記事はこちら>>https://motor-fan.jp/article/10014683

ちょっぴりレトロが今どきです! ホンダCB190SSは、中国生まれのネイキッドだ。

 CB190SSは、単気筒シングルエンジンをスチールフレームに搭載したレトロネイキッドである。CB190は、様々なモデルとなって販売されていて、これまでに紹介したCBF190RやCB190TRとも同じフレーム、サスペンション、エンジンを使用している。
 ただし前述の2台はシンタイシュウホンダが製造しているのに対してこちらはウーヤンホンダ。最終的なパッケージを違うメーカーが行っているから味付けも異なる……

詳細記事はこちら>>https://motor-fan.jp/article/10014688

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ