MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. メルセデス・ベンツ|MERCEDES BENZ
  4. GLE

メルセデス・ベンツがミドルクラスSUV「GLE」の高性能版「AMG GLE 53 4MATIC+」の予約注文受付開始! 税込1332万円

  • 2020/05/28
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

5月28日、メルセデス・ベンツ日本は、ミドルサイズSUVの「GLE」のモデルラインナップに高性能版となる「メルセデスAMG GLE 53 4MATIC+」を設定し、同日より予約注文受付を開始した。価格は税込1332万円で、カスタマーへの納車は6月以降を予定している。

435ps/520Nmの3.0ℓ直6ターボに48V電気システムを組み合わせたマイルドハイブリッドを搭載

 このモデルには、435ps/520Nmを発揮する3.0ℓ直列6気筒ターボ「M256」エンジンに、ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)や48V電気システム、電動スーパーチャージャーを組み合わせたマイルドハイブリッドパワートレインを採用。

 ISGはエンジンとトランスミッションの間に配置される21ps/250Nmを発生するモーターで、オルタネーターとスターターの機能も兼ねている。この電気モーターと48V電気システムにより、従来のハイブリッド車のような回生ブレーキによる発電を行い、約1kWhの容量のリチウムイオンバッテリーに充電。エンジンが低回転時には、その電力を利用して動力補助を行うことで、高い効率性と、力強い加速を実現する。スターターが従来より高出力な電気モーターとなることで、エンジン始動時の振動を抑え、エンジンスタートおよびアイドリングストップの際の再スタートの快適性が向上している。

 一方「M256」エンジンは、ターボチャージャーを備えており、低回転域で過給を行う「電動スーパーチャージャー」を搭載することにより、ターボラグを解消。電動スーパーチャージャーとISGによる動力補助および排気ターボチャージャーとの組み合わせで、あらゆる回転域で俊敏なエンジンレスポンスを実現した。

 さらにこのモデルでは、走行安定性を高める「AMGアクティブ・ライド・コントロール」を搭載。これは、「AMGライド・コントロール+エアサスペンション」をベースに、高いアジリティとニュートラルなコーナリング、最適なトラクションを実現したもの。前後アクスルそれぞれに配されたアクチュエーターが独立して動き、車体の安定化を図る。電気機械式でレスポンスが速く、1秒あたり1000回の頻度で路面の状態に対応した制御を行うことが可能だ。これにより、直進時にはしなやかな足まわりによる快適な乗り心地を発揮しながら、コーナリングや車線変更時にはロールを効果的に抑制し、より快適でダイナミックなドライビングを可能としている。

 このほか、12.3インチディスプレイ2画面を組み合わせる対話型インフォテイメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)や、先進の安全運転支援システムが採用されている。

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ