MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. フォルクスワーゲン|VOLKSWAGEN
  4. T−クロス

VW T-クロス(T-Cross):選ぶ価値あり。トヨタ・ヤリスクロス、日産キックス参戦で激化必至のBセグSUVのベンチマークたり得る完成度

  • 2020/06/06
  • MotorFan編集部 鈴木慎一
このエントリーをはてなブックマークに追加
VW T-クロス 1st Plus 車両価格○339万9000円

VWでもっとも小さいSUV/クロスオーバーのT-クロス。いわゆる「BセグSUV」のカテゴリーに属するモデルだ。このカテゴリーがいま活況を呈している。トヨタ・ヤリスクロス、日産キックスなど魅力的なニューモデルが続々と投入されているからである。なぜ、BセグSUVなのか? T-クロスはそのなかでどんなポジションなのか?

いきなりドアヒンジで驚く

 世界的なSUV/クロスオーバー人気の全体トレンドは変わらないが、その中身は少々変化の兆しが見られる。主戦場が「Cセグ」から「Bセグ」に移っているようなのだ。トヨタならC-HRからヤリスクロスへ、日産ならエクストレイルからキックスへ、アウディならQ3からQ2へ、そしてVWならティグアンからT-クロス(T-Cross)へという具合だ。

 少しドライブしてみれば、その理由はよくわかる。なにしろ扱いやすい。狭い都会の道路でも自信を持ってドライブできるし、ちょっと高い視点も運転のしやすさに貢献している。もちろん価格もBセグハッチバックよりは高いがCセグハッチバック並み。VWで言えばゴルフTSIコンフォートライン(マイスターが319万円)かT-クロス1st(303万9000円)を買うかという選択になるわけだ。
 ちなみに、ポロのTSIハイライン(同じ1.0ℓ直3ターボ搭載)は、275万9000円だ。

 今回、T-クロス 1st Plusを1日試乗するチャンスがあった。気づいたことをレポートする。まず前提条件として、筆者はあまりSUVが好みではないということを最初におことわりしておく。背が高く重く都会での取り回しが悪い、悪路を走る機会がほぼないから4WDの必要もない、燃費も(ハッチバックと比較すれば)悪いからだ。そんな筆者がT-クロスに乗って最初に驚いたのは、「ドアヒンジ」である(つまりまだ運転していない)。

これがT-クロスのドアヒンジ。ゴルフと同じ形状だ。ドアの閉まるときの音も重厚でこのクラスとは思えないほどだ。

ドアヒンジ? 洗車のついでに、ドアヒンジを見てみる

前回は、洗車のついでにBピラーを見てみたわけだが、今回のテーマは「ドアヒンジ」。ドアヒンジ? そうなんです。もし覚えて...

あわせて読みたい

 以前、ドアヒンジに取材をして以来、クルマに乗ったら必ずドアヒンジを見るようにしている。高級車は高級車なりの非常に剛性が高く美しいドアヒンジを持っている。T-クロスはどうか? これがゴルフと同じタイプのドアヒンジなのだ。国産Bセグ、Cセグ(というかドイツ車を除くすべて)で、こんな素敵なドアヒンジを持つモデルは皆無。さすがVWと感心した。

 感心したついでにボンネットフードを開ける。もちろん、ダンパーなどついていない(当たり前だ、Bセグなんだから)。エンジンを観察するときは、エンジンマウントに注目する。横置きの場合はエンジンマウントの出来でNV(音・振動性能)がまったく違ってくるからだ。といっても、エンジニアでもないので、見るだけ。しかし、見るからに容量の大きそうなエンジンマウントのクルマは大抵、エンジンの不快な振動も抑え込んでいる。
 T-クロスはどうか? これまたなかなか立派なエンジンマウントだ。長さの短い3気筒エンジンを積むために、シリンダーブロックにはがっちりとしたアルミ合金製のエクステンションがついている。

T-クロスの本国仕様には1.5ℓ直4ガソリンターボ、1.6ℓ直4ディーゼルターボがある。つまり4気筒を積む前提。だから3気筒エンジンにはエクステンションがつく。

エンジン形式:直列3気筒DOHCターボ エンジン型式:EA211 排気量:999cc ボア×ストローク:74.5mm×76.4mm 圧縮比:10.5 最高出力:116ps(85kW)/5000-5500rpm 最大トルク:200Nm/2000-3500rpm 過給機:ターボチャージャー 使用燃料:プレミアム
 エンジンは、EA211型(つまりVWの最新モジュラーエンジン)1.0ℓ直3DOHC直噴ターボ。116ps/200Nmだから、1270kgの車重に対して力不足はなし。しかも乗っていて変な振動も感じない。「ああ、いいエンジンだな」とも思わないが、いい意味で「えーと、このクルマのエンジンって1.0ℓだっけ?1.2だっけ? ん?1.6だっけ?」という感じだ。

1st Plusはドアミラーのカラーがアクセントになる。
どこから見てもVWに見えるデザイン。プラットフォームはMQB。ベースはポロと言っていいだろう。

 試乗した1st Plusは、デザインパッケージで3色の内装が選べる。試乗車はオレンジ。ほかにグリーンとブラックがある。36万円安い1stはこれが選べないようだが、ボディ同色のドアミラー、ブラックのアルミホイール、黒基調のインテリアの1stもホームページで見る限りとてもシンプルでいい。36万円も違うなら、こちらを選ぶかもしれない。

絶妙なサイズがいい

全長×全幅×全高:4115mm×1760mm×1580mm ホイールベース:2550mm
トレッド:F1525mm/R1510mm 最小回転半径:5.1m
車重:1270kg 前軸軸重720kg 後軸軸重500kg

 世界的にBセグSUV/クロスオーバーが人気なのは、やはりサイズがちょうどいいから、なのだと思う。全長×全幅×全高:4115mm×1760mm×1580mm、最小回転半径5.1mというのは、狭い市街地でも運転しやすい。それでいて居住空間が狭いということもない。ティグアンの4500mm×1840mm×1675mmと比べたら二回りも小さいけれど存在感は決してひけをとらない。となれば、T-クロス、いいじゃん!となるわけだ。
 まもなく登場のトヨタ・ヤリスクロス4180mm×1765mm×1560mm、日産キックス4295mm×1760mm×1585mmと比べてもT-クロスのコンパクトさは際立つ(ちょっとキックスが大きめ)。若いカップルやファミリー、これまで大きなクルマに乗っていた高年齢層からのダウンサイザーにとって、BセグSUVは有力な次期愛車候補になり得ると実感した。

ヤリスクロス 全長×全幅×全高mm:4180mm×1765mm×1560mm ホイールベース:2560mm
日産キックス 全長×全幅×全高:4295mm×1760mm×1585mm ホイールベース:2620mm

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ