Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ランドローバー|LAND ROVER
  4. レンジローバー

【毎日更新企画】人生最後の3台を選ぶ:レンジローバー/ロードスター/ベルランゴ(塚田勝弘) 【人生最後に乗るならこの3台/塚田勝弘編】フェラーリやポルシェより衝撃的! レンジローバーの全能感は他車では味わえない

このエントリーをはてなブックマークに追加
レンジローバーの室内は、地上から隔絶されたかのような静謐に支配される...

一般誌や専門誌などで幅広く活躍しているフリーライターの塚田勝弘さんが、人生最後の伴侶の候補として選んだクルマの1台は、意外にもレンジローバー。ポルシェやフェラーリといった高級スポーツカーに乗る機会もある塚田さんだが、業界に入って最も衝撃を受けたのはレンジローバーなのだという。

TEXT●塚田勝弘(TSUKADA Katsuhiro)

1台目:レンジローバー SVオートバイオグラフィー ダイナミック

「ロンドンの最高級5つ星ホテルに乗り付けたい」

世界唯一のプレミアムSUVであるランドローバー社のフラッグシップ、レンジローバー。その中でも最高のパフォーマンスを誇るのが「SVオートバイオグラフィー ダイナミック」だ。価格は2578万円〜。

自動車メディアに携わるようになって一番びっくりしたのは、フェラーリでもポルシェでもなく、レンジローバーだった。巨体なのに驚くほど扱いやすく、アクセルを踏み込めば即座に反応するレスポンス、地上から隔絶されたかのような静謐な車内。ドライバーに全能感をもたらす最高のクルマだと思う。上質な乗り心地なのにコーナーでは思いのほか踏ん張ってくれる。

目隠しして車内に乗り込んだら音・振ではおそらく気がつかないほど静かなディーゼルエンジンもいいけれど、どうせ乗るなら565ps/700Nmを解き放つ5.0L V8スーパーチャージャーの「SVオートバイオグラフィー ダイナミック」で、ロンドンの最高級ホテル「サヴォイ・ホテル」に乗り付けたい(通訳付で)。

2台目:マツダ・ロードスター

「オーダーメイドのシャツを着ているようなジャストフィット感!」

4代目となる現行モデル(ND型)は2015年にデビュー。1.5ℓエンジンを搭載するロードスター(幌モデル)は260万1500円〜、リトラクタブルルーフのRFは343万9700円〜。

先日、久しぶりに2日ほど乗る機会があった。走り出した途端、「ステイホーム」で鈍っていた身体には、重めのクラッチや車外の振動やノイズがそのままダイレクトに伝わってくる感覚は、「キツイなぁ」と思わせた。不思議なもので、1時間も走っていると、クルマそのものが自分の手足の延長線上にあるような感覚を味わえる。オーダーメイドのシャツを着ているような感覚。

3台を選ぶのならオープンカーは外せない選択肢で、718ボクスターにも惹かれるけれど、もう少しトルクやパワーが欲しいかな、と思わせるくらいのロードスターのさじ加減がちょうどいいのかも。街中の交差点1つ曲がるだけで楽しいのは、初代から受け継がれた美点で、日本人なら一度は乗りたい。

3台目:シトロエン・ベルランゴ

「人生最後にゆったり走るのにピッタリなキャラクター」

左右スライドドアを持つハイトなボディに1.5ℓディーゼルターボ+8ATを搭載。今秋の正規導入を前に、325万円でオンライン予約を受け付けたデビューエディションは即ソールドアウト

日本車の判断基準からすると、インパネの操作性やポケッテリア、ナビの操作性などツッコミどころもあるけれど、走りに不安感を抱かせない。足がよく動き、コーナーではボディの傾きも大きくなるけれど、粘っこいから安心できる。人生最後に、ゆったり走るのに向いているキャラ。

イザという時は、高速道路でそこそこの速度で巡航できるし、アダプティブクルーズコントロール、レーンキープだって付いている。一見、普通に見えるシートも1日で300km走破してもまったく疲れを誘わない。商用車なのでシトロエンに求めたくなる、とろけるような乗り心地ではないけれど、意外に快適で静か。今秋にもカタログモデルが導入されるから、積む物、乗せる者が多い今欲しいくらい。

■塚田勝弘(つかだ・かつひろ)

中古車の広告代理店に数か月勤務した後、自動車雑誌2誌の編集者、モノ系雑誌の編集者を経て、新車やカー用品などのフリーライターになって約17年が経過。現在の愛車は、デミオの最終型(1.5LガソリンMT)で、新車1年で3500kmしか乗っていない。

『人生最後に乗るならこの3台』は毎日更新です

人生で、あとどれだけクルマに乗れるだろうか。一度きりの人生ならば、好きなクルマのアクセルを全開にしてから死にたいもの。ということで、『乗らずに後悔したくない! 人生最後に乗るならこの3台』と題して、現行モデルのなかから3台を、これから毎日、自動車評論家・業界関係者の方々に選んでいただく。明日の更新もお楽しみに。(モーターファン.jp編集部より)

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ