MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. フォルクスワーゲン|VOLKSWAGEN
  4. ゴルフGTI

【毎日更新企画】人生最後の3台を選ぶ:ゴルフGTI/V60クロスカントリー/911カレラ(青山尚暉) 【人生最後に乗るならこの3台/青山尚暉編】釣りはフナに始まりフナに終わるように、愛車はゴルフに始まりゴルフに終わる!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
ホットハッチの教科書、ゴルフGTI。

業界随一の愛犬家でも知られる、モータージャーナリスト&ドッグライフプロデューサーの青山尚暉さん。現在はフォルクスワーゲン・ゴルフ7ヴァリアント(ワゴン)で愛犬との生活を楽しんでいる青山さんだが、以前ゴルフIIにも乗っていたゴルフファンとしては、「ゴルフGTIに乗らないわけには終わらない」と語る。一方、ボルボV60クロスカントリーはドッグフレンドリー度では最強、とのこと。また、ポルシェ911カレラはクルマ遍歴を締めくくるに相応しい1台として選出された。

TEXT●青山尚暉(AOYAMA Naoki)

1台目:フォルクスワーゲン・ゴルフGTI

「ゴルフファンとしてはGTIに乗らずに終われない!」

写真は最新のゴルフ8のGTI。2.0ℓ直4直噴ガソリンターボは245psを発生する。ゴルフ8自体がまだ日本に上陸していないので、我々が8代目GTIのステアリングを握れる日はまだ先になりそうだ。

わが家は結婚して子供ができて、それまで乗っていたフェアレディ280Zを手放し、84年型VWゴルフIIに乗り換えた。以来、BMW325i、マセラティ・ビトゥルボ、メルセデスベンツEクラスに乗り継いだ後は、犬たちとの暮らしを優先し、国産ワゴン、国産ミニバン、そして今はVWゴルフ7ヴァリアントに乗っている。わが家としてはゴルフに始まり、そしてゴルフに戻ったというわけだ。

ヴァリアント購入時、GTIと迷ったものの、犬たちの意見に押され、ヴァリアントになった経緯があるけれど、ゴルフファンとしてはGTIに乗らずに終われるか!!というのが本音。Rは過剰すぎで、GTIの実用的な元祖ホットハッチというところが決め手だ。歳をとると、大きなクルマを転がすのがおっくうになることもある。そうそう、かつて、徳大寺有恒さんも、最後の愛車はゴルフGTIと、おっしゃっていたように記憶する。

2台目:ボルボV60クロスカントリー T5 AWD Pro

「どんな悪天候だって愛犬とのドライブ旅行をあきらめなくていい」

2.0ℓ直4ターボ(254ps)をリフトアップしたボディに搭載するV60クロスカントリー。装備が充実した「T5 AWD Pro」グレードの価格は664万円だ。

犬と暮らしている人なら分かるかもしれないが、愛犬を乗せるには、乗せ場所のバリエイションに自由度のあるワゴンが適切。それも、10年から15年でしかない犬生、寿命の犬たちに1回でも多くの家族とのドライブ旅行の思い出を作ってあげるには、季節、天候、路面を問わないクルマがいい。悪天候だから、雪が積もっているからと言って、楽しみにしているドライブ旅行をあきらめたくはない。

そこで、ドッグフレンドリー度極まるボルボエステート(ワゴン)のV60をベースに、AWD、クロスオーバー化したクロスカントリーが真っ先に候補に上がる。「T5 AWD Pro」グレードなら、前席マッサージ機能もあり、ジジイでも快適に心地よく移動できるに違いないのである。世界最先端の先進安全装備も、頼りになる。その電動車、マイルドHV、あるいはPHVが登場すれば、個人的には愛犬とドライブするのに最高、完璧な1台となる。

3台目:ポルシェ911カレラ

「911は若者よりも、渋くカッコいいジジイが乗ったほうが似合うのだ」

911シリーズの中で、最もベーシックなモデルに位置付けられるカレラ(写真左)。3.0ℓ水平対向6気筒ターボは385psで、価格は1398万円。カレラSより65osアンダーパワーだが、331万円安い。

80-90年代、輸入車を多く扱う自動車専門誌で仕事をしていたことがあり、空冷911(964)などを試乗する機会も多かったのだが、当時から、イタリアンスーパーカーより911のほうが自身の肌に合っていたように思う。生粋のスポーツカーでもどこか、堅実なオーラ!?を発散していたからかもしれない。クルマ好きで愛犬家の友人は、犬のためにあえてパナメーラを選択しているが、なあに、国産ワゴンとの2台持ちなら、昭和のクルマ好きの合言葉、”男は黙って”911でもよかろう。

華美さのない整然としたコクピット、高性能スポーツカーにして、運転疲れのない乗り味や扱いやすさも、人生最後のクルマ遍歴、贅沢として相応しいのではないか。911は若者ではなく、渋くカッコいいジジイが乗ったほうが似合う...そんな記事を、若いころ、書いた記憶がある。それをこの先、かなえることができれば、幸せである。

■青山尚暉(あおやま・なおき)

モータージャーナリスト/ドッグライフプロデューサー/日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員 自動車専門誌の編集を経てフリーに。新車の試乗レポートのほか、小学館PETomorrowなどで愛犬との幸せなライフスタイル、クルマ旅を提案。国産、輸入車を20台以上乗り継ぐ。

『人生最後に乗るならこの3台』は毎日更新です

人生で、あとどれだけクルマに乗れるだろうか。一度きりの人生ならば、好きなクルマのアクセルを全開にしてから死にたいもの。ということで、『乗らずに後悔したくない! 人生最後に乗るならこの3台』と題して、現行モデルのなかから3台を、これから毎日、自動車評論家・業界関係者の方々に選んでいただく。明日の更新もお楽しみに。(モーターファン.jp編集部より)

「世界の自動車オールアルバム 2020年」6月25日(木)発売!

世界の自動車がすべてわかる! 創刊11年目を迎え、ますます内容を充実させました。 日本で売っていないモデルやブランドも完全網羅!

コロナ禍により例年よりも発売が遅れてご心配をおかけいたしましたが、6月25日(木)に発売されます。全国の書店、Amazon、三栄販売サイトなどでお買い求めください。

発売日:6月25日(木)
価格:1864円+税

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ