Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スバル|SUBARU
  4. レヴォーグ

現行レヴォーグは5月末で受注生産の受付を終了、在庫車のみの販売に移行済み モデル末期のスバル・レヴォーグ2.0STIスポーツは“買い”か“待ち”か? 「GT TOURER」のキャッチコピーを最も色濃く反映したモデル。新型での継続設定は期待薄、今すぐ“買い”だ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

300psと400Nmを発するFA20型エンジン
 では、実際の走りと燃費はどうか。テスト時の外気温は30~35℃、天気は晴れ、エアコンの設定温度は23℃、走行モードはワインディングを除き常時「I」モードで走行した。

 レヴォーグにはデビュー当初から二種類の水平対向4気筒DOHC直噴ターボエンジン、170psと250Nmを発する1.6LのFB16型と、300psと400Nmを発する2.0LのFA20型を設定しているが、前者でも必要充分な動力性能があるというのに、後者はWRX STIのEJ20型(308ps&422Nm)に近く、最早過剰とさえ言っていい。2500rpm以下でのターボラグも相応に大きいため、少なくとも免許取り立てのドライバーがそのポテンシャルをフルに引き出すのは危険かつ困難だ。

フロントサスペンションはストラット式。倒立式のビルシュタイン製ダンパーを装着する
リヤサスペンションはダブルウィッシュボーン式。同じくビルシュタイン製ダンパーを装着する

 ただし、腕に自信のあるドライバーでも、いやむしろ腕利きこそ、油断しない方がいいかもしれない。

 ハンドリングはいたって安定志向で、ターンイン時に後輪が不自然に動く感覚はなく、旋回中に大きなギャップを乗り上げても、フロントが倒立式とされたビルシュタイン製ダンパーは素早くサスペンションの上下動を吸収してくれる。

 さらにコーナーの立ち上がりでアクセルを踏み込んでいっても、通常は45:55に設定されている前後トルク配分を状況に応じて変化させる2.0L車用の「VTD-AWD」は挙動を安定させる方向に制御するため、ワインディングでも安心してコーナリングを楽しめる。

 だが裏を返せば、特にドライ路で限界を超える時は相応の速度域に達しており、制御不能に陥る可能性が高いとも言えるだろう。

225/45R18 91WのダンロップSPスポーツMAXX 050を装着。フロントブレーキは2ポットキャリパーと17インチベンチレーテッドディスクの組み合わせ
 しかし、それ以上に問題なのは、ブレーキがそのエンジン性能と約1.6tの車重に全く見合っていないことだ。特に下りのワインディングでは、充分に減速するのに少なからず踏力を要求されるのだが、それを繰り返しているうちにあっさりフェードの兆候を見せ始める。新型レヴォーグではせめてメーカーオプションででも、WRX STIと同じブレンボ製ブレーキを設定してほしい…それでもパッドの耐フェード性は不充分だが。

ステアリングホイール右側下部に備わる「SIドライブ」の切り替えスイッチ。上側は
 なおワインディングでは、スロットルやCVTの変速特性を切り替えられる「SIドライブ」を随時切り替えながら走行したが、最も大人しい「I」モードではもちろん、中間の「S」モードでも少なからずターボラグに悩まされる。そのため早々に、最もスポーティな「S#」モードに切り替えて走行した。

「アイサイト」のステレオカメラ
 では、高速道路ではどうか。荒れた路面ではロードノイズが大きくフロアも少なからず振動するのだが、良路でもパターンノイズが出がちなのがむしろ幸いして、両者のギャップに悩まされる場面は少ない。

 そして、ステレオカメラを中心としたスバル独自のADAS(先進運転支援システム)「アイサイト」が、ここではその本領を発揮する。

 スバルは1999年にレガシィランカスターへ「ADA」を設定して以来ADASを積極的に展開し、その後2008年の「アイサイト(ver.1)」、2010年の「アイサイト(ver.2)」を安価に装着可能としたことで、ADAS普及の火付け役となった。そしてこのレヴォーグに初めて「アイサイト(ver.3)」を搭載し、2017年7月のマイナーチェンジでは全車速域で車線中央を維持するLTA(レーントレースアシスト)「アイサイト・ツーリングアシスト」を全車標準装備している。

 今や衝突被害軽減ブレーキはもちろんACC(アダプティブクルーズコントロール)やLKA(レーンキープアシスト)も決して珍しいものではなく、LTAもトヨタ、日産、ホンダやドイツ御三家、ボルボなどが採用車種を拡大している。だが、アイサイト・ツーリングアシストほどドライバーの運転に近い感覚で加減速・操舵を制御してくれるシステムは、今なお他に存在しない。

 他社のシステムでは、車間距離を取りすぎ、加減速のタイミングが遅い、加減速が緩慢あるいは逆に急激、操舵アシストがギクシャクしていてふらつきやすい、これらのいずれかもしくは複数が当てはまるのだが、アイサイト・ツーリングアシストにはそれがない。だから、急カーブまたは他車に急に割り込まれた時を除けば、全幅の信頼を置いてアシストを任せられる。その疲労軽減、そして事故防止・被害軽減効果は絶大だ。

 なお加減速に関しては、筆者が知る限り少なくとも2006年の「レガシィSIクルーズリミテッド」の時点ですでに自然な制御を実現していた。つまりこれは、スバルが20年以上かけて培ったノウハウというよりは、根本的な開発思想の違いによるものなのだろう。

中央に瞬間燃費や「アイサイト・ツーリングアシスト」の状態などを表示可能なメーターパネル
インパネ中央上部のマルチファンクションディスプレイ。写真は高速巡航エコチャレンジ画面

 さて最後に、水平対向エンジンを搭載するスバル車が長年課題としている、燃費について言及したい。

 今回は高速道路でアイサイト・ツーリングアシストを使用した場合と使用しなかった場合、ワインディング、市街地でそれぞれ燃費を計測したが、高速道路はいずれも12.8km/Lと、性能の高さを考慮すればまずまずの数値。だがワインディングは6.9km/L、街乗りでは5.7km/Lと落ち込みが大きく、トータルでは10.7km/Lと振るわなかった。これは、低速トルクが細いうえターボラグも大きいため、ワインディングや市街地では中~高負荷域に入りやすい特性を、如実に反映したものと言えるだろう。

 こうして見てみると、現行レヴォーグは「GT TOURER」というキャッチコピーの通り、高速道路をそこそこのペースで長距離長時間走るのが最も得意で、とりわけ今回の「2.0STIスポーツアイサイトブラックセレクション」はその傾向が強いことが分かる。しかしながら、走行ステージを問わず乗り心地は快適で操縦安定性は高く、取り回しにも優れている。そして荷物の積載能力は非常に高く、トータルバランスに優れたGTワゴンと言えるだろう。

 それでは新型はどうか。SGPに新開発の1.8Lターボエンジンとアイサイトで、走りに関してはより一層洗練されたものになると期待できる。だが、よりクーペライクになるボディ形状を見るにつけ、居住性と積載能力に対する不安を拭えない。そして、少なくともデビュー直後は、エンジンが1.8Lターボに一本化される可能性が高く、これが現行の2.0Lターボほどハイスペックな仕様になるとは考えにくい。

1.8ℓ直噴リーンバーンターボ! 次期スバル・レヴォーグから始まるスバルのパワートレーン戦略を予想する

今秋にも登場する予定のスバルの次期レヴォーグ。SGPの進化版+新開発1.8ℓ水平対向4気筒ターボエンジンのレヴォーグはどんな...

あわせて読みたい

 また、スバル広報部によれば、2019年4月~2020年5月のグレード別販売台数および構成比は下記の通りとなっている。

・1.6GTアイサイト…883台・7.4%
・1.6GTアイサイトスマートエディション…1604台・13.4%
・1.6GTアイサイトVスポーツ…1617台・13.5%
・1.6GT-Sアイサイト…1431台・12.0%
・1.6GTアイサイトアドバンテージライン…512台・4.3%
・1.6STIスポーツアイサイト…976台・8.2%
・1.6STIスポーツアイサイトブラックセレクション…2127台・17.8%
・2.0GT-Sアイサイト…514台・4.3%
・2.0STIスポーツアイサイト…678台・5.7%
・2.0STIスポーツアイサイトブラックセレクション…1617台・13.5%
・総計…1万1959台

 2.0Lエンジン搭載グレード合計の販売構成比は23.5%。このデータを見れば、スバルにとってこのような高性能モデルの優先順位は決して高くなく、むしろ新型で廃止しても何ら不思議ではないのが見て取れる。

 従って、「モデル末期のスバル・レヴォーグ2.0STIスポーツは“買い”か“待ち”か?」、この答えはズバリ“買い”だ。

某パーキングエリアに駐車されていた新型レヴォーグのテスト車両。ほぼプロトタイプのまま発売されることがうかがえる

 現行レヴォーグは5月末で受注生産の受付を終了しており、すでに在庫車のみの販売に移行している。そして、新型レヴォーグの最終確認テストが開始され、テスト車両が公道で見かけられるようになった。ということは、日本市場で発売予定の「2020年後半」とは、ごく近い時期と考えた方が自然だ。

 もう迷っている時間はない。欲しければすぐにでも販売店へ駆け込むべきだろう。

■スバル・レヴォーグ2.0STIスポーツアイサイトブラックセレクション(F-AWD)
全長×全幅×全高:4690×1780×1490mm
ホイールベース:2650mm
車両重量:1580kg
エンジン形式:水平対向4気筒DOHCターボ
総排気量:1998cc
最高出力:221kW(300ps)/5600rpm
最大トルク:400Nm/2000-4800rpm
トランスミッション:CVT
サスペンション形式 前/後:ストラット/ダブルウィッシュボーン
ブレーキ 前後:ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ:225/45R18 91W
乗車定員:5名
JC08モード燃費:13.2km/L
車両価格:412万5000円

スバル・レヴォーグ2.0STIスポーツアイサイトブラックセレクション

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|Motor-FanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ