MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. 日産|NISSAN
  4. キックス

火曜カーデザイン特集/その3 日産キックスに見る造形美 日産キックスに見る造形美「実用的なのにかっこいいデザインの秘密」を解き明かす

  • 2020/06/30
  • CAR STYLING編集部 松永 大演
このエントリーをはてなブックマークに追加
日産キックスも、日産の特徴であるV字型のVモーショングリルを採用。

日産から久しぶりに、まったく新しいモデルが発表された。聞いた覚えのある "キックス" という名前で登場。カテゴリー的にはSUVなのだが、狙いはより便利に、より扱いやすく。トヨタC-HRよりやや短いボディに搭載されるパワーユニットは、駆動に電動モーターのみを用いるe-POWERだけ。この意欲的なモデルのデザインを見ていこう。

かつてのキックスとは大きく異なるトレンディーモデルの登場

 これまでも日産にはキックスというモデルはあったが、それはパジェロ・ミニをベースとしたものでスペルもKIXと、今回のKICKSとはちょっと違う。カテゴリーも軽自動車ではなく、登録車になるなどまったく異なるモデルとされた。
 搭載されるエンジンは1.2ℓのガソリンエンジンを発電用として搭載するe-POWERのみという意欲的モデル。

全長4.2mほどと、扱いやすいサイズが自慢。リヤピラーの一部ブラックアウトがアクセント。

 全長が4.2mということで、サイズでいうならばトヨタC-HRよりやや短く、ダイハツ・ロッキーよりやや長いというところ。さまざまなサイズが乱立するSUV市場だが、そのなかでもエントリークラスに近い位置にありながら、ちょっとリッチなサイズといったところだ。
 さてそんな製品にあって、日産はどんなデザインを与えたのだろうか。

Vモーショングリルがダブルに!

 最初に気がつくのは、日産のアイコンとなっているフロントのVモーショングリルだ。Vモーショングリルとは、ラジエーターグリルにローマ字のVをモチーフとした形状で、元来、SUVで採用されていたものが、多くのモデルに採用されることになった。
 当初はその力強く、やや荒々しさを感じるテーマでもあったことから、本当にすべての車に採用できるのか? と思ってしまうものだった。しかしここにきて、かなり咀嚼(そしゃく)されたものとなってきている。特に海外仕様として登場している2代目ジュークの造形は、小さくなったLEDヘッドライトの採用とともに弾けつつも洗練されたアイデアによって表現されている。

グリルにダブルとなるVモーショングリルを採用。このグリルは解釈の幅が広く、これからも個性的な形で登場してくるだろう。

 また、セレナでは細いメッキのV字モチーフに沿って、ブラックのライナーを合わせるなど、意表をつく展開も試みられた。
 そしてキックスでは、これがちょっと特別。セレナのようにブラックのライナーを添えながら、さらにその外側をメッキのラインで支えるもので、ダブルVモーショングリルとも呼ばれるようだ。
 このVモーショングリルの面白いところは、レクサスのスピンドルグリルと違って、解釈の幅が広いところだ。車格やボディスタイルによって、さまざまなアイデアが活かされている点だでもあり、またこれから先はより立体的になってくるのでは? との期待も高まる。

艶ありブラックをメッキライナーで挟む、キックス独自のグリルを採用。

 キックスのグリルの艶ありブラックのライナーはあまりに唐突なようにも思われるところ。しかし、意外にもすんなりとバランスしていると感じられるはず。
 グリルやフロントとセンターのピラーやフェンダーライナーやサイドシル部分のブラックアウトがつや消しであることからも、本来ならば違和感があるはず。ところが、バンパー左右のインテーク部分やサイドミラー、そしてリヤピラー中央のガーニッシュ、さらにいえば後席以降のウインドウに与えられたブラックが艶を持っていることから、トータルバランスが取られているようだ。
 さらにグリルを左右のバンパーが、深く絞りながらグリルを支える形になることから、突出したグリルを印象付けることによって途中でバンパーが消えてしまうような違和感がない。

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ