Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. 交通取締情報局
  3. オービス情報

オービスもリサイクル時代へ!? 国道16号線千葉県市原市の自動速度取締機、LHシステムが何故か今ごろ、撤去の怪! オービス撤去情報! もしかして、移転? 半年以上かけてオービスを撤去した千葉県警の事情、とは? 【交通取締情報】

  • 2020/07/07
  • 「東新宿交通取締情報局」
このエントリーをはてなブックマークに追加

国道16号線外回り、市原市八幡海岸通りのLHシステムが、ようやく撤去された。「ようやく」というのは、実はこのLHシステムの撤去工事の入札が、とある業者に落札されたのは2019年8月! なぜ落札から半年以上経っての撤去となったのか? コロナ騒動が本格化したのって、この2月ですよ、千葉県警さん!

栃木県警にリサイクルの前例あり!

このオービスの撤去(予想)情報は、2019年9月に当情報局で報告済み! (下記アーカイブ記事参照! )

☆撤去オービスDATA
場所:千葉県市原市八幡海岸通り
道路:国道16号線
方向:外回り
キロポスト:-
機種:LHシステム
速度測定方式:ループコイル式
制限速度:60km/h

 千葉県と埼玉県、そして神奈川県の主要部を結ぶ、広域環状道路、国道16号線。外回りの市原市八幡海岸通りに設置されていたLHシステムが、この春、撤去された。

 と、これがすでに、全数が撤去対象となっているHシステム、あるいはポンコツ化している旧型のオービスであれば、「よかったね」で済むのだが、撤去されたのが、現時点で固定式オービスの主役を張るLHシステムというのが、どうにも腑に落ちない。

 事実、現在までにLHシステムが撤去された例はわずか2例。しかもそのひとつは、別の場所に移転されており、完全撤去はプロトタイプと思われる四国は徳島県の1機だけ。確かに、最新型とは言ってもデビューからはすでに25年が経っているが、それにしても最新のデジタル技術を駆使して生まれただけに、まだまだ現役バリバリでやれるはず、なのだ。

 となると、考えられるのが、栃木県警が実行した移転措置。既設ポイントの取り締まり効率が悪化したことで、効率よく取り締まれる他のポイントに移設するというのは十分、考えられること。今回の撤去も、移設先がなかなか決まらなかったため、撤去が遅れた、と言ったら考えすぎかもだが、今後、コロナ禍による財政引き締めが図られることは間違いない以上、オービスのリサイクルが、これからのトレンドになるのかもしれない。

 もちろん、現時点ではその移設ポイントは皆目見当がつかないが、いずれにしても千葉県のどこかに新品ではないLHシステムが出現する可能性は大。見つけたら、また報告させていただきます!

最新のオービス撤去情報は、こちら!

オービス新設&撤去予報! 警察が公開しない㊙(?)情報を好奇心のぞき見チェック!【交通取締情報】

今や情報開示の時代。事実、「道路交通法」やそれに関連する法律の改正案や「交通事故死者数」や「交通取り締まり件数」、そ...

あわせて読みたい

オービス撤去情報! 吹田市国道423号上下線のループコイル式オービスが、一気消滅!【交通取締情報】

コロナ禍の影響か、ここしばらく、固定式オービスの新設、あるいは撤去の話題が途絶えていたが、非常事態宣言解除明けの昨日...

あわせて読みたい

消えたはずのオービスが、突如、復活!! でも、なんで今さら、ポンコツレーダーなの?【交通取締情報】

国道19号線下り、岐阜県土岐市和泉町に設置されていたオービスが撤去されたのは、2018年春。なにしろ寿命間近か、いや、すで...

あわせて読みたい

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ