Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スバル|SUBARU
  4. WRX STI

次期スバルWRXを新型レヴォーグから予想する。ボディサイズは? パワーユニットは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
左がVIZIV PERFORMANCE CONCEPT(次期WRXのコンセプトと目される)、右は新型レヴォーグ

スバルのスポーツモデルの頂点にあるのは、WRXシリーズである。その次期型がどうなるのか、新型レヴォーグから予想してみよう。

WRXシリーズはどうなるか?

WRXシリーズ(S4とSTI)は、ひと言で言えばスポーツワゴンであるレヴォーグの「セダン版」である。スポーツセダンとして生まれたのがS4、それを「STI」の名前でさらにチューンしたホットモデルがWRX STIだ。

AWDシステムはWRX S4が「VTD-AWD」。VTDとはバリアブル・トルク・ディストリビューションの頭字語。WRX STIがDCCD方式AWDを採る。いわゆる「センターデフ式」のAWDシステムだ。

WRXシリーズの主要マーケットは、スバルの他のモデル(レヴォーグを除く)と同じく北米である。次期WRXを予想する前に、北米でのWRXの販売状況を見てみよう。

現行WRXシリーズが北米で発売されたのは2014年春だ。それ以降の販売台数の推移をグラフ化した。

ちなみに、BRZの北米販売台数は2019年に2334台、18年に3834台となっており、スバルにとって重要度は明らかにWRXシリーズの方が上だ。

WRXシリーズは、レヴォーグのセダン版である、と書いたが、前型レヴォーグと現行WRXシリーズのサイドビューを比較してみよう。

上が前型レヴォーグ、下がWRX STI。ホイールベースは同一。ボディ前半は共通だ。

ホイールベースはもちろん同一。フロントドア以前のパネルも共通。全長がWRXの方が短いが、短い分はリヤオーバーハングで調整している。ワゴンボディとしてラゲッジ容量を稼ぐ必要があるレヴォーグが少し長いのだ。

では、次期WRXシリーズはどうなるか?
まずはボディサイズから予想してみよう。

VIZIV PERFORMANCE CONCEPT(上)とVIZIV PERFORMANCE STI CONCEPT(下)

これは、次期WRXのコンセプトモデルある、VIZIV PERFORMANCE CONCEPT(上)とVIZIV PERFORMANCE STI CONCEPT(下)だ。上が次期S4、下が次期WRX STIと考えるのが自然だ。

次に、新型レヴォーグとVIZIV PERFORMANCE STI CONCEPTを並べてみよう。

上が新型レヴォーグ、下がVIZIV PERFORMANCE STI CONCEPT
重ね合わせてみた。新型レヴォーグのタイヤホイール径は18インチなのに対してVIZIV PERFORMANCE STI CONCEPTは20インチとなる。

今回もレヴォーグとWRXの関係は変わらない。ホイールベース(前型から20mm延びて2670mm)で、全長の違いはリヤのオーバーハングで決まる。新型レヴォーグの全長が4755mmだから、次期WRXは110mmほど短縮された4645mmと予想する。全幅は、フロント/リヤのブリスター状のフェンダーとブラックのクラッディングも併せて80mmほど拡幅されると予想する。全幅1875mmは、シビックタイプRと同じ。この程度なら日本でも許容されると踏む。

VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPT。次期WRX STIのコンセプトである。

ということで次期WRXシリーズは
全長×全幅×全高:4645mm×1875mm×1475mm
ホイールベース:2670mm
と予想する。
現行から全長で50mm、全幅で80mm拡大する格好だ。

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ