Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. CAR MONO図鑑

AR活用でルートガイド&運転支援をわかりやすく! PIXYDA PNM87AR 【CAR MONO図鑑】

  • 2020/09/20
  • 浜先秀彰
このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単に取り付けられるポータブル型ナビながらも「AR技術」を活用した先進のルートガイド&運転支援機能を搭載。ドライバーを目的地まで安全、快適にサポートする。

REPORT●浜先秀彰(HAMASAKI Hideaki)

問い合わせ:セイワ
電話:0570-039-710

■セイワ公式サイト

PIXYDA PNM87AR……オープン価格(実勢価格:4万9800円前後/税別)

縦方向に設置することもできる。

 セイワが展開するカーAVブランド「PIXYDA」からポータブル型ナビ「PNM87AR」が登場。

ARカメラはガラスの映り込みを低減するカバー付き。

 このモデルの見どころはなんといっても、AR機能を標準搭載していること。フロントガラスに装着した付属カメラで車両前方の状況を捉え、画面に映し出した映像にさまざまなナビ情報をリアルタイムで重ね合わせる。

ルートガイド時のAR画面

 ルートガイド時には目の前の光景と画面表示がリンクすることで、案内ポイントまでの距離が確認しやすく右左折の方向がわかりやすい。初めて訪れる場所でも安心感の高いドライブができるだろう。

運転支援時のAR画面

 また、車線逸脱警告、前方車両発進、前方衝突警報という3種類の安全運転支援機能も搭載。これらについてもAR機能を活用した表示を展開する。

 ナビ機能はクラストップレベルの充実度を誇り、道路の幅や建物の形までわかる詳細市街地図やリアルなイラスト図によるルート案内、GPS/グロナス/みちびき対応のトリプル衛星受信などを備えている。

 AV機能については2×2方式の地デジ(フルセグ/ワンセグ)チューナー、Bluetoothオーディオ、マイクロSD再生(音楽/動画/静止画)などを搭載。ナビ画面とAV画面の2画面表示にも対応している。

 本体は横置き、縦置きのどちらも行え、スマホ同様の静電タッチパネルを装備する。ディスプレイは大きくて高精細な8型WXGAディスプレイで、地図もAVソースも美しく表現する。バックカメラを接続(他社製の接続は変換ケーブルが必要)すればリバースギヤに連動して車両後方の映像を映し出すことが可能だ。

 なお、ラインアップにはナビ機能、AV機能は共通だがAR機能が非搭載の「PNM87F(実勢価格:3万7800円前後/税別)」も用意されている。

■主要スペック
ディスプレイ:8型WXGA
テレビチューナー:地上デジタル(フルセグ/ワンセグ自動切替)
地図ソフト:ゼンリン製2020年春版データ(16GB)
本体寸法:200×122×24mm
ARカメラ寸法:85×42×85mm

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ