Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カスタム
  3. チューニング

日産スカイライン ハコスカ知る!!〜これ以上詳しいハコスカの記事は滅多にない!?〜G-ワークス

  • 2020/09/18
  • G-WORKS編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
レースで50勝をあげられた大きな要因のひとつに、シャシー性能の良さが挙げられるだろう。GTカーとして160㎞/hで巡航ができる性能も、このシャシー抜きには語れない。

国産旧車の代表格と言っても過言ではないほどファンの多いハコスカ。1968年8月に3代目のスカイラインとしてC10型(4気筒)が誕生してから、4代目のケンメリにバトンタッチする72年9月までの4年間しか販売されなかったにもかかわらず、40万台を超える販売台数とレースでの輝かしい栄光とで、40年以上経った今でも多くのファンを夢中にさせている。

G-ワークス11月号ではそんなハコスカの中心的存在である6気筒モデルのGT系に注目し、細部に渡り紹介する。

ハコスカが詳しく載っている2020年G-ワークス11月号は、2020年9月19日発売です♪
“ハコスカ”と呼ばれるC10型スカイラインは、プリンス自動車と日産自動車が合併後に初めて作られたスカイライン。最初にリリースされたのは、プリンス系のG5型(1500㏄)エンジンを搭載した4気筒モデルで、メイングレードとなっている6気筒の“GT系”は後から販売されたモデル。

そのボディを数値で比較すると、ハードトップはセダンより全長で70mm短く、全高が15mm低い(全幅は同じ)。ボンネット、左右の前フェンダー、トランクの基本形状はほぼ同じだ。ハードトップは前後ウインドウの角度が寝ているので、空力性能に優れる。また、構成部品が多いセダンは車重が15㎏重い。細かく見ていくとこのようにセダンとハードトップは違い、年式によっても違う部分が多い。
そのような情報を詳しく知りたい方は2020年9月19日発売のG-ワークス11月号をご覧下さい♪

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ