Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. 日産|NISSAN
  4. スカイライン

インフィニティQ50(日本名:スカイライン)の2021年モデルを発表!新グレード追加 日本仕様日産スカイライン400Rと比べてみる

このエントリーをはてなブックマークに追加

北米インフィニティはQ50(日本名:スカイライン)2021年モデルを発表した。また今回新グレードも追加するという。価格は396万円からとなっている。

インフィニティはスポーツセダンQ50の2021年型を発表した。これまでのグレードPURE、LUXE、RED SPORT 400に加えて、今回新たにSENSORYが追加され、4つのグレード体制となった。

Q50 RED SPORT 400
こちらが日本仕様のスカイライン 400R。これまで共通だったエクステリアデザインも、日本仕様は2019年のマイナーチェンジで差別化され、異なったフロントマスクが採用されている。

また同時にスレートグレーとグランドブルーのふたつの新しいエクステリアカラーが追加された。

安全装備も最新のものが採用されている。死角警告、車線逸脱警告、インテリジェントアラウンドビューモニター、インテリジェントクルーズコントロールなどすべてのグレードで安全装備が強化された。

またトップグレードとなるRED SPORT 400(日本名:400R)は、新しいブラックマットカーボンファイバーインテリアトリムとブラックエクステリアトリムハイライトを備えている。

一方で新グレードSENSORYはスポーツデザインのフロントグリルや革張りのスポーツシート、Bose Performance Series Audioの16スピーカーステレオなどが専用で装備されている。

全グレードに3.0ℓツインターボV6エンジンを搭載し、最高出力はPURE、LUXE、およびSENSORYグレードが300ps、パフォーマンス指向のRED SPORT400は400psを発生する。

ちなみに日本仕様の3.0ℓツインターボV6エンジンは標準モデルが304ps、北米のRED SPORT400に相当する400Rが405psと若干スペックに違いがある。また大きく違うのは日本には3.5ℓのハイブリッドモデルが設定されていることだ。

価格は396万円からとなっている。日本では自動運転支援技術で話題となったスカイライン。北米でも新たなグレードを武器に話題となるか楽しみだ。

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ