Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ルノー|RENAULT
  4. トゥインゴ

ホンダのHonda e「RRで最小回転半径が4.3m」ってそれはトゥインゴのことじゃないか? シティコミューターとしての資質なら負けない! <ルノー・トゥインゴ長期レポートVol.6>

このエントリーをはてなブックマークに追加
ルノー・トゥインゴ EDCキャンバストップ 車両価格○213万5000円(左)Honda e Advance 車両価格○495万円

飛び石によるガラスの破損も直って絶好調のMFトゥインゴ号。酷暑の夏が過ぎて、キャンバストップを開ける機会も増えてきた。ところで、最近トゥインゴ号と同じ「RR」のクルマがデビューした。最小回転半径が4.3mでトゥインゴ号と同じ。そうホンダのEV、Honda eだ。せっかくなので、ちょっと比べてみよう。
レポート日:2020年10月3日
オドメーター:3091km

TEXT&PHOTO◎鈴木慎一(SUZUKI Shin-ichi)

ルノー・トゥインゴ EDCキャンバストップ 車両価格○213万5000円

8月の狂気じみた酷暑が過ぎて過ごしやすくなった。MFトゥインゴ号のオドメーターは3000kmも過ぎて、心なしかエンジンの吹け上がりもよくなった気がする。

相変わらず、街中を元気に走り回るときのトゥインゴ号の楽しさは格別だ。コンパクトカーだから、というわけではなく、「RR」だからこそ味わえる感覚がトゥインゴ号にはある。なんてこともない十字路をなんてこともないスピードで曲がる、それも楽しいのだ。

フロントタイヤが受け持つのが操舵だけだから、とかいろいろな説明ができるが、そんなことよりちょっと乗ってみればすぐに気づく、すっきりとした乗り味がトゥインゴ号の美点である。

全長4m以下(3645mm)
RR=リヤエンジン・リヤ駆動
前後異サイズのタイヤ(F165/65R15 R185/60ZR15)
最小回転半径:4.3m

というのがトゥインゴ号の基本的な成り立ちだが、最近、同様のクルマが登場した。

Honda eである。
全長4m以下(3895mm)
RR=リヤモーター・リヤ駆動
前後異サイズのタイヤ(F205/45ZR17 R225/45ZR17)
最小回転半径:4.3m
だ。

Honda eは、横浜で行なわれた試乗会で短時間だが街中をドライブすることができた。

Honda e、楽しいのだ。後輪駆動のコンパクトカーという共通点のとおり、街中の交差点でステアリングを切ってコーナリングするときの気持ちよさ、これはトゥインゴ号ととても似ている。

では、まずボディサイズを比較してみよう。

ホンダ Honda e 『大は小を兼ねない』ホンダだからこそ作れた“無茶なEV”

いよいよホンダのEV、Honda eが街を走り始める。シティコミューターに割り切ったHonda eだが、単なる小さくてかわいいEVとい...

あわせて読みたい

Honda e Advance

Honda e Advance 全長×全幅×全高:3895mm×1750mm×1510mm ホイールベース:2530mm
車両重量:1540kg 前軸軸重770kg 後軸軸重770kg トレッド:F1510mm/R1505mm 最低地上高:145mm

Renault Twingo EDC Canvas top

ルノー・トゥインゴ EDCキャンバストップ 全長×全幅×全高:3645mm×1650mm×1545mm ホイールベース:2490mm
車両重量:1040kg 前軸軸重470kg 後軸軸重570kg トレッド:F1455mm/R1445mm 乗車定員:4名

試乗会で、「ああ、やっぱりコンパクトなサイズがいいな!」と感じさせてくれたHonda eだが、我らがトゥインゴ号は、Honda eより、さらに全長で200mm、全幅で100mmも小さいのだ。20cmと10cm! トゥインゴ号、小さっ!

Honda eの前後重量配分は「50:50」ルノー・トゥインゴは「45:55」

上の写真は、リヤアクスルセンターを同一線上に置いて並べてある。Honda eのフロント/リヤのオーバーハングの短さがよくわかるが、トゥインゴ号は、さらに短い!

大きく違うのは車重だ。
Honda eが1540kg
トゥインゴ号が1040kg
だから、なんと500kgもHonda eが重い。

前後重量配分は、
Honda eが50:50
トゥインゴ号が45:55
である。

最小回転半径はともに4.3m

コンパクトで前輪がよく切れるから、パーキングスペースに駐めるのも容易だ。

Honda eもトゥインゴ号も最小回転半径は4.3m。
前輪の切れ角は、FF→FR→RRで大きくできる。
ちなみに、軽自動車のホンダN-ONEやN-BOXの最小回転半径が4.5m。つまり、この2台は軽自動車より小回りがきくのだ。

RRだから実現できた数字だろう。

これ、本当に街中を走る時にありがたい。どこへも自信をもって入っていけるし、前後にクルマが駐まっている駐車スペースでも一発で駐められる。

最小回転半径:4.3m
最小回転半径:4.3m

Honda e Advance

リヤサスペンションはマクファーソン式 モーター形式:交流同期モーター モーター型式:MCF5型 定格出力:60kW 最高出力:154ps(113kW)/3497-10000rpm 最大トルク:315Nm/0-2000 rpm
フロントサスペンションはマクファーソンストラット式
タイヤは前輪が205/45ZR17後輪が225/45ZR17 銘柄はミシュラン・パイロットスポーツ

Renault Twingo EDC Canvas top

リヤサスペンションはド・ディオン式 エンジン形式:直列3気筒DOHCターボ エンジン型式:H4B 排気量:897cc ボア×ストローク:72.2mm×73.1mm 最高出力:92ps(68kW)/5500rpm 最大トルク:135Nm/2500rpm
フロントサスペンションはマクファーソンストラット式
後輪は185/60ZR15
前輪は165/65R15

同じRRでも、やはりエンジンとモーターでは乗り味は大きく違う。
試乗会でHonda eに乗った後に、トゥインゴ号に乗ったら、ある意味トゥインゴ号の「野蛮さ〔!?)」に驚いた。3気筒ターボは盛大に振動するし、後ろからは元気なエキゾーストノートが聞こえる。
EVのHonda は音もなく振動もなく走る(EVらしい高周波のノイズは本当によく抑えられている)。
どちらがいいか、と言えば、正直に言えばHonda eが気に入ってしまった。
でも、トゥインゴ号の、盛大な音と振動の世界も、やはり心地いい。

ちなみに、パワーウェイトレシオは
Honda e:10.0kg/ps
トゥインゴ号:11.3kg/ps
と大差はない。

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ