Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

北米ホンダの9月販売はCR-VなどSUV勢が強力に牽引! 久しぶりの前年比プラスを達成

このエントリーをはてなブックマークに追加
北米ホンダのベストセラーカー、CR-V。9月は3万3572台を販売した。

北米ホンダ(American Honda)は2020年9月の販売台数を発表した。SUV系のモデルが特に好調だったこともあり、12万7058台をセールス。前年同月比で二桁増(+11.5%)を達成した。

ホンダブランドは前年同月比で11%増、アキュラブランドは16.6%増

ホンダは北米で「ホンダ」と「アキュラ」の2ブランドを展開しているが、全車の9月の販売台数をリストアップしてみよう。

【ホンダ】
アコード:2万0149台(−0.9%)
シビック:2台2371台(0.2%)
クラリティ:354台(−35.4%)
フィット:3116台(15.1%)
インサイト:1472台(−4.5%)
CR-V:3万3572台(29.6%)
HR-V:7560台(0.4%)
オデッセイ:7844台(5.2%)
パスポート:4281台(48.1%)
パイロット:1台0643台(14.9%)
リッジライン:2755台(18.4%)

※( )内は前年同月比

ホンダブランドでは、11万4117台を販売。トラック(=SUV系のモデルのこと)が20.4%増で9月の記録を更新したこともあり、前年同月比で11%増となった。特に好調だったのはパスポートとCR-Vだ。パスポートは4281台(前年同月比48.1%増)、CR-Vは3万3672台(同29.6%増)をそれぞれ売り上げた。どちらも9月としては過去最高の販売台数だ。

日本未導入のパスポート。CR-Vよりも上級のミドルサイズSUVである。
2020年モデルから追加されたCR-Vハイブリッド。9月は3200台超が販売されたので、CR-Vの約1割がハイブリッドということになる。

【アキュラ】
ILX:1377台(27.7%)
NSX:10台(−37.5%)
RLX:122台(165.2%)
TLX:1848台(6.1%)
MDX:4290台(28.4%)
RDX:4664台(6.4%)

※( )内は前年同月比

アキュラブランドはというと、MDXとRDXが好調だったことで前年同月比16.6%増の1万2941台を販売した。

アキュラのフラッグシップSUVに位置づけられるのがMDX。全長約5m、全幅約2mと堂々たる体躯だ。
2リットル直4ターボ+10速AT+SH-AWDを設定するなどスポーティな走りが売りのRDX。

ホンダとアキュラ、両ブランドを合算した9月の販売台数は12万7058台で前年同月比11.5%増。新型コロナウイルスの感染流行が深刻化した3月以降では、初めてのプラス実績を残すことができた。

2020年1月以降のホンダ全体の販売台数の推移は以下の通りである。

1月:10万1625台(−4.3%)
2月:12万0006台(+4.2%)
3月:7万7153台(−48.0%)
4月:5万7751台(−54.1%)
5月:12万0977台(−16.9%)
6月:11万4774台(−15.5%)
7月:12万5450台(−11.2%)
8月:13万5925台(−21.9%)
9月:12万7058台(+11.5%)

※( )内は前年同月比

8月からオハイオ工場で生産が開始された新型TLX。第4四半期のセールスに貢献することが期待されている。
10月4日には、新型MDXのプロトタイプが発表予定だ。ダイアモンドペンタゴンを継承しつつ、より押出しの強いフェイスに変身しそうだ。

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ