Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. マツダ|MAZDA
  4. MX−30

【2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベストカーまとめ】今年の1台はいかに⁉︎ 2010-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー、「10ベストカー」発表!10ベストカー

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は11月4日、“今年を代表するクルマ”を決定する「2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー」「10ベストカー」を発表した。Motor-Fan.jpでは発表された10モデルが日本での登場が噂された頃から最新情報を追い、記事を掲載してきた。今回はそのなかから10ベストカーの関連記事をまとめてみた。

※写真をクリックまたはタップすると、当該記事にアクセスできます。

先頃、2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤーを決める第一次選考が行なわれ、全45台のノミネート車から、最終選考会に進む上位10台の「10ベストカー」が選出された。本年度は新型コロナウイルスの影響で、一時はイヤーカーの選出自体、危ぶまれていたが、各種イベントの開催方法、開催場所、開催概要などを見直すことにより、何とか実施へと至った。

今後、11月25日~27日に自動車評論家、ジャーナリスト、有識者からなる60名の選考委員によって最終選考投票が行なわれ、10ベストカーのなかから本年度のイヤーカーが決定する。なお、本年度のイヤーカーならびに部門賞は、12月7日の最終選考会にて発表される。

選出された10ベストカーは以下のとおりだ。(順不同)

●株式会社SUBARU【 スバル レヴォーグ 】
●トヨタ自動車株式会社【 トヨタ ヤリス/ヤリスクロス/GRヤリス】
●日産自動車株式会社【 ニッサン キックス 】
●本田技研工業株式会社【 ホンダ フィット 】
●マツダ株式会社【 マツダ MX-30 】
●アウディ ジャパン株式会社【 アウディ e-tron Sportback 】
●ビー・エム・ダブリュー株式会社【 BMW 2シリーズ グランクーペ 】
●ニコル・オートモビルズ合同会社【 BMW ALPINA B3 】
●ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社【 ランドローバー ディフェンダー 】
●Groupe PSA Japan株式会社【 プジョー 208/e-208 】
※10ベストカーは最終選考会まで全車同等扱いのため、各車の得票結果は公表されていない。

スバル・レヴォーグ

2代目レヴォーグは2020年10月15日に発表。SUBARUに脈々と受け継がれる「より遠くまで、より早く、より快適に、より安全に」というグランドツーリングのDNAを継承。そのうえで、SUBARUの最新技術を結集し、「先進安全」、「スポーティ」、「ワゴン価値」の3つの価値を革新的に進化させたパフォーマンスワゴンだ。

まさに全方位進化! スバル新型レヴォーグの全貌がついに明らかに。注目は1.8L直噴ターボとアイサイトXだ

スバルの新型レヴォーグの先行予約受付が8月20日から開始となり、同時にその全貌が明らかとなった。新開発の1.8Lターボエンジンや次世代の先進運転支援機能「アイサイトX」などが投入された、まさに渾身の1台といえる。レヴォーグの進化内容を写真とともに解析する。

スバル新型レヴォーグ・新旧比較:ボディサイズは? エンジンは? アイサイトは? 6年分の進化を比べてみた

スバルの主力車種、レヴォーグが初めてのフルモデルチェンジを迎えることとなった。プラットフォーム、エンジン、アイサイトなど、すべてが刷新された入魂の1台だ。その進化のほどを、旧モデルと比較しながら探ってみよう。

スバル新型レヴォーグの新1.8ℓ水平対向4気筒ターボCB18 vs マツダSKYACTIV-X リーン燃焼の新世代エンジンを比べてみる

スバルが新型レヴォーグでデビューさせる新世代水平対向エンジン、CB18型1.8ℓ水平対向4気筒ターボは、「リーン燃焼」がひとつの技術ハイライトだ。リーン燃焼を謳うもうひとつの新世代エンジンには、マツダのSKYACTIV-Xエンジンがある。わかっている数値を元に両エンジンを比べてみる。

トヨタ・ヤリス/ヤリスクロス/GRヤリス

トヨタ ヤリスは2020年2月10日に発売されたトヨタの新世代コンパクトカー。コンパクトカーならではの「軽快なハンドリング」という強みを活かしつつ、ユーザーの既成概念を大きく超える「上質な乗り心地」と「最新の安全・安心技術」を備えたクルマを目指して開発された。なお8月31日にはクロスオーバーモデル「ヤリス クロス」、9月4日にはスポーツモデル「GRヤリス」がラインアップに加わった。

トヨタ・ヤリスと日産ノート、マツダ2、スズキ・スイフトを徹底比較!〈ライバル車比較インプレッション〉コンパクトカー試乗記

トヨタ・ヤリスと日産ノート、マツダ2、スズキ・スイフトを徹底比較!〈ライバル車比較インプレッション〉コンパクトカー試乗記
ベーシックカーたるコンパクトハッチバック車は、性能や使い勝手だけでなくコストも含めた総合性能が問われ、各メーカーは独自の思想で新型車を開発。小さいけれど便利で、気持ち良く安全に走るモデルをラインナップする。そんな強豪ひしめくコンパクト市場で勝ち抜くために与えられた、ヤリスの魅力を比較試乗で明らかにする!

トヨタ、新型車「ヤリス クロス」を発売 コンパクトSUVの既成概念を一新!価格は179万円から!

TOYOTAは、新型車「ヤリス クロス」を、8月31日より全国のトヨタ車両販売店を通じて発売した。価格は179万8000円で、月販目標台数は4100台だ。装備内容の詳細などを詳しく紹介する!

「GRヤリス」がついに発売! ベースモデル「RZ」のほか競技用の「RC」、気軽に楽しめる「RS」の3つの個性で展開。FF車は税込265万円、4WD車は税込330万円から

9月4日、トヨタは新型車「GRヤリス」を発売した。税込車両価格は265万円〜456万円だ。装備の詳細、特長などを詳しく紹介する!

ニッサン・キックス

「日産キックス」は、「e-POWER」ならではの力強い加速や高い静粛性、そして、アクセルペダルの踏み戻しだけで加速から減速まで意のままに行うことができるワンペダル感覚の新しいドライビングを実現したモデルだ。

全車e-POWER&プロパイロット搭載で275万9900円〜! 日産期待のコンパクトSUV「キックス」がついに正式デビュー

期待の新型コンパクトSUV、日産キックスがいよいよ正式デビューを飾った。全車e-POWERを搭載し、価格は275万9900円〜。群雄割拠のコンパクトSUVのカテゴリーが、ますます面白くなりそうだ。装備の詳細内容や特長について紹介する!

コンパクトSUV覇権の行方:日産・キックス/ホンダ・ヴェゼル/トヨタC-HR/マツダCX-30 個性派揃い!

ホンダ・ヴェゼルとトヨタC-HRという二大巨頭がシェアをリードするコンパクトSUV市場において、オリジナリティ溢れるボディデザインで長期にわたって販売されたジュークの跡を受け投入された日産キックスは、e-POWERという日産独自の魅力で勝負に挑む!

日産キックスを測って測って測りまくる。高さは? トランクは?

よもや命脈尽きるかと思われた懐かしの全開(アクセルではなくドア)&計測シリーズ。久しぶりの企画で取り上げるのは、大人気のe-POWER・日産キックスである。

ホンダ・フィット

4代目となる新型フィットは、歴代フィットが築き上げた優れた性能や、コンパクトカーとは思えない圧倒的な室内空間・ユーティリティーの高さなど、高い機能性は継承しつつ、よりお客様に満足していただけるクルマへと生まれ変わることを目指して開発されたモデルだ。

ホンダの新型「フィット」が2月14日に発売! 1.3Lガソリンと1.5Lハイブリッドの2機種を設定。税込155万7600円から

2月13日、ホンダはフルモデルチェンジを受けて4代目となった新型「フィット」を、2月14日に発売すると発表した。税込車両価格は155万7600円〜218万6800円だ。今回は装備内容の詳細や特長を紹介する。

癒し系のホンダ新型フィットと個性派ライバル トヨタ・ヤリス、日産・ノート、スズキ・スイフトと徹底比較!

国産コンパクトカーのビッグネームであるヴィッツ(ヤリス)とフィットが相次いで新型となって登場。迎え撃つのはコンパクトカー売上No.1を誇るノートと、欧州コンパクトにも引けを取らないスイフトだ。個性豊かな新型の登場で、コンパクトカー選びがより一層楽しくなる。

ホンダ新型フィットのメカニズムを徹底解説!数値第一主義から脱却し、心地良さのためにホンダ技術陣はなにをしたのか?

ホンダの屋台骨を支える主力車であるフィットのモデルチェンジは、開発陣にとってもやはり特別な仕事のひとつだろう。i-MMDの小型化や、レーダーを使わずに構築された新方式のホンダセンシングの採用、ボディやサスペンションも、感性に訴える性能を与えるためにホンダ開発陣の持てる総力を結集して作り上げられた。

マツダ MX-30

「わたしらしく生きる」をコンセプトに、「MX-30」はクルマとともに自然体で自分らしい時間を過ごしていただくことを目指し、創造的な時間と空間を提案する、コンパクトSUVだ。「MX-30」がもたらす創造的な時間と空間は、親しみやすさや温かみを感じるデザイン、開放的で創造性をかき立てるフリースタイルドア、そして心地の良い室内空間によって生み出される。

MAZDA MX-30いよいよ発売! 価格は?パワートレーンは?マツダCX-30と比べてみる

マツダは新世代商品群の第3弾となるコンパクトSUV、MAZDA MX-30を発売した。価格は242万円(FF)と265万6500円(4WD)だ。同時に装備を充実させたMX-30 100周年特別記念車も発売した。EVモデルは2021年1月に発売予定だ。販売計画台数は1000台(国内・月間)。

マツダMX-30はSUVではなくスペシャルティカー。520km走ってMX-30の本質が少し見えた? 2020年に蘇ったセリカ、プレリュードだ

マツダMX-30は、MAZDA3、CX-30に続くマツダ新世代商品群の第三弾だ。3台ともに「3」ベースで作られているが、そのキャラクターは見事に違う。ハッチバック(とセダン)のMAZDA3、クロスオーバーSUVのCX-30、ではMX-30とはなんなのか? MX-30と5日間過ごして考えてみた。

マツダMX-30のフリースタイルドアの秘密「ロータリーとフリースタイルドアは定期的にやって、技術が切れないようにしていかないと」

マツダMX-30の最大の特徴は、フリースタイルドア(観音開き)である。RX-8以来の採用となったわけだが、格段に厳しくなった側面衝突の安全基準をクリアするのは容易なことではない。マツダ技術陣はどうやってフリースタイルドアを成立させたか? 開発者に訊いた。

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ