Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ルノー|RENAULT
  4. ルーテシア

ともに新型 プジョー208 vs ルノー・ルーテシア 今度のフレンチBセグ・ハッチバックはどちらも出来がいい。比較してみよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
左:プジョー208 GT-Line(車両価格○293万円〕右:ルノー・ルーテシア インテンステックパック(車両価格○276万9000円)

プジョー208とルノー・ルーテシア(欧州名クリオ)は、フランスを、いや欧州を代表するBセグハッチバックである。ともに2019年に発表されている。2020年秋にいよいよ日本導入が始まった両モデルを比較してみよう。

技術基盤ははどちらも最新モジュラープラットフォーム

上がルノー・日産・三菱の新しいプラットフォームであるCMF-B。下がPSAのCMP。CMPはふたつつのトレッド ・3つのホイールベース ・3つのリヤモジュール ・複数のホイール径をカバーする。

新型プジョー208も新型ルノー・ルーテシア(欧州名:クリオ)は、ともに2019年のジュネーブ・モーターショーでワールドプレミアされた。5ドアハッチバックからSUV/クロスオーバーへとベーシックカーの主役が変わりつつある現代だが、それでも欧州でベストセリングモデルはBセグハッチバックである。その主役の2台が同時にモデルチェンジしたわけだ。

注目すべきは208もルーテシアも、プラットフォームから刷新されたこと。
ルーテシア:CMF-B
208:CMP
という名前のモジュラー・プラットフォームである。ともにEVを考えた最新のプラットフォームである。

この2台の最新フレンチBセグHBに続けて試乗することができた。その印象と交えて比較してみよう。

新型ルノー・ルーテシア | いきなりBセグハッチバックの「優等生」 この一台ですべてこなせる

ルノーのBセグハッチバック、ルーテシアが日本でもデビューした。前型ルーテシアが「R.S.」やルノースポーツの印象が強かった...

あわせて読みたい

新型プジョー208、ヒットの予感あり! 選ぶならアリュールかGT Lineか。価格差は33万円

ここのところ、プジョー(とシトロエン、DS)が好調だ。出すモデルはどれもヒットしているし、実際の評判もいい。そこに加わ...

あわせて読みたい

ボディサイズを比較してみる

上:ルノー・ルーテシア 全長×全幅×全高:4075mm×1725mm×1470mm ホイールベース:2585mm 下:プジョー208 全長×全幅×全高:4095mm×1745mm×1465mm ホイールベース:2540mm

ボディサイズは
ルノー・ルーテシア
全長×全幅×全高:4075mm×1725mm×1470mm
ホイールベース:2585mm
プジョー208
全長×全幅×全高:4095mm×1745mm×1465mm
ホイールベース:2540mm
と208の方が少し大きい。が、ホイールベースはルーテシアの方が45mmも長い。
サイドビューを見ると、この2台の方向性の違いが見てとれる。ルーテシアは、かつてのCセグHBが担っていた1台ですべてをこなすベーシックカーの役割を果たすためのパッケージング。一方の208はよりスタイリッシュでパーソナルな、つまり前席重視のパッケージングに見える。その分、208のほうがわかりやすくカッコいいし個性的だ。前型からの変わり具合も208の方が大きい。

上:ルノー・ルーテシア トレッド:F1505mm/R1495mm 最小回転半径:5.2m 最低地上高:135mm 下:プジョー208 トレッド:F1495mm/R1495mm 最小回転半径:5.4m 最低地上高:145mm
上:ルノー・ルーテシア インテンステックパック 車両重量:1200kg 前軸軸重770kg/後軸軸重430kg 下:プジョー208 GT-Line 車両重量:1160kg 前軸軸重750kg/後軸軸重410kg

最小回転半径はルーテシアが5.2m、208が5.4mとルーテシアの方が小回りがきく。

エンジンはルーテシアが4気筒、208が3気筒

ルノー・ルーテシア 1.3ℓ直4DOHCターボ

形式:直列4気筒DOHCターボ 型式:H5H 排気量:1333cc ボア×ストローク:72.2mm×81.4mm 圧縮比:9.6 最高出力:131ps(96kW)/5000pm 最大トルク:240Nm/1600rpm 燃料供給:DI 燃料:無鉛プレミアム 燃料タンク:42ℓ

プジョー208 1.2ℓ直3DOHCターボ

形式:直列3気筒DOHCターボ 型式:EB2 PureTech 排気量:1199cc ボア×ストローク:75.0mm×90.5 mm 圧縮比:10.5 最高出力:100ps(74kW)/5500pm 最大トルク:205Nm/1750rpm 燃料供給:DI 燃料:無鉛プレミアム 燃料タンク:44ℓ

エンジンはルーテシアが1.3ℓ直4、208が1.2ℓ直3でともに直噴ターボエンジンだ。
ルーテシアが131ps/240Nm
208が100ps/205Nm
である。
パワーウェイトレシオ〔車重を最高出力で割ったもの)は
ルーテシアが9.16kg/ps
208が11.7kg/ps
トルクウェイトレシオ(車重を最大トルクで割ったもの)は
ルーテシアが5kg/Nm
208が5.7kg/Nm
で、ともにルーテシアの方が優秀な数値となる。

とはいえ、208の直3ターボは非常に気持ちのよいエンジンだ。3気筒のネガをいっさい感じさせることはない。いやな振動も一切ない。

ルーテシアの1.3ℓ直4エンジンはダイムラー(メルセデス・ベンツ)との共同開発で生まれたもの。メルセデス・ベンツAクラスにも同型(メルセデスはM282型と呼ぶ)が載っている。最新技術が詰まったエンジンである。

トランスミッションはATとDCT

上:ルノー・ルーテシア トランスミッションは湿式の7速DCT 下:プジョー208 8速AT

トランスミッションも両モデルで大きく違う。
ルーテシアはDCT、208は通常のトルコンATを使う。
ルノーが使うDCTはゲトラグ製がベースだろう。DCTには乾式デュアルクラッチと湿式デュアルクラッチがある。伝達効率では乾式に、ドライバビリティでは湿式に分がある。新型ルーテシアは湿式を採用している。

プジョー(PSA)は、アイシン・エィ・ダブリュのATを使う。エンジンの出力から考えれば6速で充分だがPSAは積極的に8速ATを採用する。208も8速だ。


100km/h巡航時のエンジン回転数はメーター読みで
ルーテシア:7速で1950rpm
208:7速で2200rpm
だった。208は100km/hではなかなか8速に入らない。8速に入るのは110km/hくらいだ。

モード燃費は
ルーテシア インテンステックパック
WLTCモード 17.0km/ℓ
 市街地モード12.7km/ℓ
 郊外モード:17.2km/ℓ
 高速道路:19.8km/ℓ

208 GT-Line
WLTCモード 17.0km/ℓ
 市街地モード13.0km/ℓ
 郊外モード:17.3km/ℓ
 高速道路:19.3km/ℓ
である。

試乗時の燃費は
ルーテシア:17.2km/ℓ
208が14.0km/ℓ
だった。
走行条件が違うが、燃費はルーテシアの方が若干良さそうだ。その代わりドライバビリティは208の方が優れる。

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ