Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. Honda e(ホンダ・イー)

【2020年の推しカー|スバル・レヴォーグ】認定!これぞ国産車史上最高のドッグフレンドリーワゴンだ(青山尚暉)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドッグライフプロデューサーとしても活躍する青山尚暉さんが選んだ「2020年の推しカー」は、スバル・レヴォーグ、ボルボV60 T8 ツインエンジン AWDインスクリプション、ホンダeの3台。ドッグフレンドリーなクルマは、人間だって快適に過ごせる極上空間だ。

TEXT●青山尚暉(AOYAM Naoki)

第1位:スバル・レヴォーグ「走りよし、アイサイトXよし、快適性よし」

2代目へと進化したスバル・レヴォーグ。新開発1.8Lターボやフルインナーフレーム構造などで走りが格段に進化した上、最新の運転支援システム「アイサイトX」を用意。8月から約2ヶ月間の先行予約期間では、9割のユーザーがアイサイトX搭載グレードをチョイスした。

2020年は素晴らしいコンパクトカー、ハイパフォーマンスカー、ユーティリティカー、エココンシャスカーが登場しまくりの1年だった。その中で、モータージャーナリストにしてドッグライフプロデューサーとして活動する、クルマ選びは犬の乗せやすさ重視のボクとしては、まずスバル・レヴォーグを挙げないわけにはいかない。

特にSTIスポーツEX、つまりアイサイトX搭載モデルは、素晴らしすぎる動的質感、驚きの乗り心地の良さ、静かさ、もちろんアイサイトと3D高精度マップによるハンズオフドライブ、カーブ&料金所前自動減速、顔認証によるドライブモードセレクト自動設定などの先進感たっぷりの機能に加え、新たに後席エアコン吹き出し口が付き、後席とラゲッジフロアの低さといったドッグフレンドリーポイントも理想的。国産車史上最高のドッグフレンドリーワゴンとして認定したい。

ホイールベースが延長されたおかげで、前後席間距離も25mm拡大された。
後席用のエアコン吹き出し口のほか、後席シートヒーターが備わるグレードも。
ラゲッジルームの容量は、先代比で10L増の492L。

第2位:ボルボV60 T8 ツインエンジン AWDインスクリプション「往復400キロのドライブも疲れ知らず」

2L直4ターボ+スーパーチャージャー(318ps)のほか、フロントモーター(46ps)とリヤモーター(87ps)を搭載する、V60の最上級グレード。48.2km(WLTCモード)のEV走行が可能だ。(写真提供:青山尚暉)

ボルボV60 T8 ツインエンジン AWDインスクリプションも、高価だが、世界最高峰のドッグフレンドリーカーである。電動車ならではのウルトラスムーズかつ静かな走行性能は、聴覚に優れ、車内でどこかにつかまれない犬にとっても最上級の快適度をもたらしてくれる。

そして、愛犬とロングドライブする機会も多いわが家としては、前席のリラクゼーション機能=マッサージ機能が、ボルボの世界最高峰先進運転支援機能とともに、肉体的、精神的ストレス低減に直結する機能、装備として大いに気に入っているのである。実際、往復400キロのドライブも、絶大なる安心感とマッサージ機能によって、まったく疲れ知らずだった。

やっぱり、わが家が過去2台、現在も所有しているステーションワゴンの根っからのファンということなのだろう。

第3位:ホンダe「こんなクルマと過ごしたらきっと毎日が楽しくなる」

ホンダ初の量産EV、ホンダe。航続距離を割り切ることで、街乗りベストなコンパクトボディを実現した。

最後は、ドッグフレンドリーカーとしての機能は別として、こんなクルマがセカンドカーとしてわが家にあったらどれだけ楽しい毎日を過ごせるんだろうか!!と思い巡らせている1台が、世界初の5つものスクリーンをダッシュボード左右いっぱいに水平配置するワイドビジョンインストルメントパネルの先進感に感動させられた都市型ピュアEVのホンダe。それも、上級のアドバンスではなく、ベースグレードである。

WLTCモードによる1充電走行距離がアドバンスグレードの283kmから259kmとなり(10%弱減)、マルチビューカメラシステム、プレミアムサウンドシステム、パーキングパイロット、AC100V/1500Wコンセント、フロントガラスデアイサーのみ省かれているのだが、決め手は、16インチのヨコハマ・ブルーアースAE50を履いた乗り心地。17インチタイヤ装着車より車重減もあって都市部での走りの軽快感が高まり、より爽やかなしっとりマイルドな乗り心地、ロードノイズを抑えた走行感覚を実現しているのだ(個人の感想です)。

何しろ、このホンダeのタイヤにも惚れて(マッチングの良さ)、すぐに愛車のタイヤを交換しに走ったぐらいなのである(結果的にはよりドッグフレンドリーだと思える、ヨコハマタイヤ史上もっとも静かなアドバンdBにしたのだが)。

シティコミューターとはいえ、後席はフラットな座面で、ドッグベッドを固定し、犬を乗せ、近所のドッグランに向かうにも適していたりする。

メーターは8.8インチ、中央に12.3インチを2個、そして左右端にサイドカメラ用と、5つのディスプレイが並ぶ。
左がアドバンスの17インチ、右がベースグレードの16インチ。
後席は2人掛け。座面は平坦だが柔らかいので、乗り心地も悪くない。

2020年に買って良かったモノ「コーチのバックパック」

今年はパソコンなど去年買ってしまったので、大物の買い物は秋冬物のダウンブルゾンぐらい。で、一番のお気に入りが、コーチのバックパック同型2色。新作ではないものの、マチの薄いナローなタイプを探していて、デッドストックを北海道と福岡のショップで通販購入。フロントポケットが大きく、服に合わせやすいのがお気に入りの理由。

『2020年の推しカー』は毎日更新です!

いよいよ2020年もラストスパート! ということで、今年(2019年12月〜2020年11月)に発表・発売されたクルマ(マイナーチェンジ・一部改良・追加モデルなどすべて含みます)の中から、「他人はどうか分からないが、個人的に大好きだ!」という"推しカー”を3台、自動車評論家・業界関係者に選んでいただきます。明日の更新もお楽しみに!

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ