Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. ヤリス

3強激突!日産ノートvsトヨタ・ヤリスvsホンダ・フィット サイズと燃費、室内、パワートレーンを比較する

このエントリーをはてなブックマークに追加
日産ノートが新型に切り替わったことで、トヨタ・ヤリス vs ホンダ・フィット vs 日産ノートのコンパクトカー三つ巴の戦いが激化する

日産ノートが登場したことで、ノート、トヨタ・ヤリス、ホンダ・フィットというベーシックカー3強モデルがすべて新型に切り替わった。全長ほぼ4m、全幅5ナンバーサイズ、そしてハイブリッドパワートレーンで低燃費というもっとも使いやすいカテゴリーだ。3強モデルを比較してみよう。

上から、日産ノート、ホンダ・フィット、トヨタ・ヤリス

ボディサイズ比較

まずは、サイズを比べてみよう。その前に、プラットフォームを見てみよう。

日産ノート:CMF-B
ホンダ:グローバル・スモール・プラットフォーム
トヨタ・ヤリス:TNGA GA-B

プラットフォームはヤリスとノートが新規採用、フィットは先代からのキャリーオーバーとなる。〔12.7修正しました。ノートに関しては、取材して確認しました)。

ボディサイズは、ノート、フィット、ヤリスの順に大きい。

ボディサイズは、
日産ノートS
全長×全幅×全高:4045mm×1695mm×1505mm
ホイールベース:2580mm

ホンダ・フィットe:HEV HOME
全長×全幅×全高:3995mm×1695mm×1515mm
ホイールベース:2530mm

トヨタ・ヤリス HYBRID G
全長×全幅×全高:3940mm×1695mm×1500mm
ホイールベース:2550mm

である。もっとも大きいノートともっとも小さいヤリスの間には全長で105mmの差がある。ホイールベースもノートがもっとも長い。

最小回転半径は
ノート:4.9m
フィット:4.9m
ヤリス:4.8m
とほぼ同じだ。

トレッドは、ノート:F1490mm/R1490mm フィット:F1485mm/R1475mm ヤリス:F1490mm/R1485mm

サスペンションは、FFモデルは3車とも、フロントはマクファーソンストラット式、リヤはトーションビームでこのクラスの定石通りだ。

今回の比較は、新型ノートがシリーズハイブリッドのe-POWERのみなので、フィットもヤリスもハイブリッドモデルで比べてみた。
車重はFFモデルで
ノートS:1220kg
フィットe:HEV HOME:1180kg
ヤリス HYBRID G:1050kg
で新プラットフォームの効果かヤリスがもっとも軽い。

パワートレーンと燃費は?

ノート、フィット、ヤリスのパワートレーンは、それぞれハイブリッドだが、方式が違う。
ノート:e-POWER=シリーズハイブリッド
フィット:e:HEV=i-MMD=2モーターハイブリッド(シリーズ・パラレル)
ヤリス:THSⅡ=シリーズ・パラレル

それぞれが世界に誇れるハイブリッドシステムだ。

エンジンは、
ノート:1.2ℓ直列3気筒DOHC
フィット1.5ℓ直4DOHC
ヤリス:1.5ℓ直3DOHC
である。ノートのエンジンは、完全に発電用、フィットもメインは発電、エンジンの方が効率がいい領域は直結にして駆動に使う、ヤリスはTHSⅡの複雑な制御をする。

日産ノート(e-POWER)

エンジン形式:直列3気筒DOHC+e-POWER エンジン型式:HR12DE 排気量:1198cc ボア×ストローク:78.0mm×83.6mm 圧縮比:12.0 最高出力:82ps(60kW)/6000rpm 最大トルク:103Nm/4800rpm 過給機:× 燃料供給:PFI 使用燃料:レギュラー

ホンダ・フィット(e:HEV=i-MMD)

エンジン形式:直列4気筒DOHC+e:HEV(i-MMD) エンジン型式:LEB 排気量:1496cc ボア×ストローク:73.0mm×89.4mm 圧縮比:13.5 最高出力:98ps(72kW)/5600-6400rpm 最大トルク:127Nm/4500-5000rpm 過給機:× 燃料供給:PFI 使用燃料:レギュラー

トヨタ・ヤリス(THSⅡ)

エンジン形式:直列3気筒DOHC+THSⅡ エンジン型式:M15A-FXE 排気量:1490cc ボア×ストローク:80.5mm×97.6mm 圧縮比:(未発表) 最高出力:91ps(67kW)/5500rpm 最大トルク:120Nm/3800-4800rpm 過給機:× 燃料供給:PFI 使用燃料:レギュラー

エンジンと同様に重要なのは、駆動用モーターだ。
3モデルともに交流同期モーターを使う。スペックは

ノート
EM47型交流同期モーター
最高出力:116ps(85kW)/2900-10341rpm
最大トルク:280Nm/0-2900rpm

フィット
H5型交流同期モーター
最高出力:109ps(80kW)/3500-8000rpm
最大トルク:253Nm/0-3000rpm

ヤリス
1NM型交流同期モーター
最高出力:80ps(59kW)
最大トルク:141Nm

となっている。基本的に電動駆動であるノートとフィットは高出力・大トルクのモーターを使う。

そこで得られた燃費は次の通りだ。
ノート
WLTCモード燃費:28.4km/ℓ
 市街地モード28.0km/ℓ
 郊外モード30.7km/ℓ
 高速道路モード27.2km/ℓ

フィット
WLTCモード燃費:28.8km/ℓ
 市街地モード29.6km/ℓ
 郊外モード31.8km/ℓ
 高速道路モード27.0km/ℓ

ヤリス
WLTCモード燃費:35.8km/ℓ
 市街地モード36.9km/ℓ
 郊外モード39.8km/ℓ
 高速道路モード33.5km/ℓ

ノートとフィットは拮抗、ヤリスはひとつ図抜けたモード燃費を叩き出す。

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ