Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. スイフトスポーツ

【東京オートサロン21】まさにスズキ・スイフトスポーツ(ZC33S)の王道チューン。サーキットを楽しく走るために開発進行中!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ZC33Sではエンジンがターボ化されたこともあり、31・32とは異なるチューニングの奥深さがあるというスズキ・スイフトスポーツ。A PITでは、サーキットを一般ユーザーが楽しく走ることのできるZC33Sチューンを模索中だ。

スズキ・スイフトスポーツをHKS製パーツを中心にチューニング

A PIT(オートバックス東雲)がチューニングを施したスズキ・スイフトスポーツ(ZC33S型)。A PITのイメージカラーにラッピングされた外観が目を引くが、中身は奇をてらなわい質実剛健チューンが施されている。

グレーはA PITのイメージカラー。
ホイールはTWSのT66F、タイヤはブリヂストンRE-12D(フロント235/40R17、リヤ215/45R17)。

エンジンは、GTIII FXタービン、コールドエアインテークフルキット、スーパーSQV4(シーケンシャルブローオフバルブ)などHKS製アイテムをインストール。マフラーもHKSスーパーターボマフラーで、メタルキャタライザーを組み合わせている。

GTIII FXタービン、コールドエアインテークフルキット、スーパーSQV4を装着。

足周りはHKSのハイパーMAX4 SPをセット。スプリングはHALで、同じバネレートで低反発、中反発、高反発といった具合に異なる反発力のスプリングが選べるのが特徴だ。筑波サーキットでテストした際のバネレートはフロントが16kg/mm、リヤが9.8kg/mm。まだセッティング途中なので、これからさらに煮詰めていきたいという。

リヤにはHALのピロマウントも装着している。これはスプリングの着座角を補正して、ストロークした際のスプリングのねじれを解消するものだ。

また、スイフトスポーツではスポーツ走行を連続して繰り返すと、フロントのブレーキキャリパーのダストシールが破れてしまったり、キャリパーが開いてしまったりするトラブルの危険性があるとのこと。そのため、フロントキャリパーはエンドレスのS4Fに変更済みだ。

LSDはクスコを装着しているが、現在、A PITのオリジナルLSDを開発中。20kg以上とイニシャルトルクが高いのが特徴で、1ウェイにもかかわらず1.5ウェイのような効き方をするという。ストリートでの扱いやすさを損なわいとのことで、リリースが楽しみである。

フロントはエンドレス製キャリパーに変更。
リヤにはHALのピロマウントを装着。

このスイフトスポーツのコンセプトは、ストリートからサーキットまで楽しく走れること。一般ユーザーが真似したくなるような、等身大の車作りが好印象な1台だ。

ショートストローク化されても操作が重くならないCAEウルトラシフターを装着。ステアリングはナルディ・クラシック。
ブリッドのバケットシート(XERO CSとZETA IV)を装着。

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ