Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. フォルクスワーゲン|VOLKSWAGEN
  4. ゴルフ

8代目となった新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の先行注文受付がスタート! 3月31日までの予約でオプション費用 5万円がサポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

2月9日、フォルクスワーゲン グループ ジャパンは年内に国内発表を予定している新型「ゴルフ」の先行受注を開始した。

日本仕様は1.0ℓと1.5ℓのマイルドハイブリッド仕様、合わせて3モデルが設定される予定

8世代目となる新型ゴルフは、デジタル化、電動化、運転支援システムにおいて大幅な進化を遂げた。デジタル化においては最新のデジタル技術を投入し、クラスを超えたデジタルインターフェースを採用。10.25 インチの液晶ディスプレイを採用したデジタルメータークラスター「Digital Cockpit Pro」を全車に標準装備し、そのすぐ横にインフォテイメントシステムを配置することで視認性を高め、スッキリとしたコックピットを実現している。

電動化においては、フォルクスワーゲン初となる48Vマイルドハイブリッドシステムを採用し、モーターのアシストによってスムーズな発進や加速を実現。運転支援システムにおいては、ドライバーが運転中に意識を失うなど、万が一の事態が発生しても安全に車両を停止させる緊急時停車支援システム「Emergency Assist」などフォルクスワーゲン初の最新テクノロジーが採用され、クラスを超えたハイレベルな運転支援が可能となり、安全性をさらに高めている。

日本に導入する新型ゴルフは、1.0ℓのマイルドハイブリッドシステムを採用した「eTSI Active」、1.5ℓのマイルドハイブリッドシステムを採用した「eTSI Style」と「eTSI R-Line」の3グレード。

ボディカラーは新色のライムイエローメタリックを含む全8色を設定。より低く、伸びやかで、 ダイナミックにデザインされた新型ゴルフは、現行モデル同様に使いやすさにこだわったボディサイズを実現している。

同社ではこのたびの先行受注開始にあたり、キャンペーンを実施。3月31日までに予約した方全員に、オプション費用のサポートとして 5 万円がプレゼント。さらに、新型ゴルフを早期に予約した方のなかで、現在乗っているクルマが4月末までに車検を迎える方については、買い替えを前提としてオプション費用のサポートとは別に、車検費用のサポートとして10 万円が提供される。

なお、フォルクスワーゲン公式WEBサイトでは、新型ゴルフの魅力を紹介するティザーサイトも公開中だ。

●フォルクスワーゲン「新型ゴルフ」ティザーサイト

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ