Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. ジムニー

テンマクデザインの「炎幕」テントを改造する。そしてクックドゥの回鍋肉と麻婆豆腐、えびのチリソースを作って食す【スズキ・ジムニーでアウトドアへ 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

「吾輩はスズキ・ジムニーである。1986年の生まれで、型式はM-JA71Cだ。金属のルーフもエアコンもない、切替え式のパートタイムの四輪駆動車である。錆も進み、あちこちが凹んでいるので、ゆっくりと余生を送ろうとしていたが、週に1回、旅に出る事となる」今回のテーマは前回導入したテンマクデザインの「炎幕」テントの改造である。

TEXT & PHOTO○伊倉道男(IKURA Michio)

サンドカラーのパップテントが除隊して、新たにテンマクデザインの「炎幕」テントが加わった。やはりこのパップテントはポールを二股化して有効スペースを増やす必要がある。コットと呼ばれるキャンピングベッドを入れるとギリギリで、頭のすぐ横にポールがあるのは何とも狭い感じがしてしまう。そこで、既製品のパーツとポールを買う半分の値段でテントの左右両側とも二股化をしてみたいと思う。

当然ながら、重量は増えるであろう。だがこんな時期、何かを作る楽しみを思い出すのも良いものだ。既製品を購入して、色を塗り変えるだけでもアウトドアシーンは劇的に楽しくなると吾輩は思うのだ。

センターにポールがあると、スペースが分割されて有効に使えない。
ポールを二股化することで、面積は変らないが有効に使えるようになる。

ホームセンターを見て周ると、テントと良く似ているのはビニールハウスだ。その骨組みはテントに似ていて、しかも値段はびっくりするほどの安い。片側が細く作られていて連結もできる。本数を増やして3本連結、4本連結としていけば1本のポールの長さは抑えられる。ただし連結部分が増えると重量は増し、また連結部分のロックはないので使いづらさは増すだろう。今回は二股部分とポール2本で構成する。本数が少なければそれだけコストも下がるし、長いと感じたら後から増やしてやることもできるからだ。

用意した主な材料。1.6mmの鋼板、雨除けパイプ、ラッカースプレー、蝶ねじ、吸収パットなど。

大まかなパーツは約190cmのポールを8本、ポールの足ゴムを4個、手で角度を調整できるように蝶ねじ。ここで吾輩はミスをした。蝶ねじと同じにナットも蝶ナットにすべきであった。そうすれば両手でキュッと締める事が出来たはずだ。残念ではあるが、それはまたチェンジしていきたいと思う。鋼板は1.6mmをチョイス。厚ければ丈夫であるが、加工は大変になる。工具はハンドグラインダー、ドリルとハンマーとポンチがあれば、ほぼでき上がるはずだ。

実際にテントを建て、段ボールを使い型取りをして鋼板に移す。
テンマクデザイン「煙幕」テントは前後の角度が対象ではない。
鋼板から切り出す前にポンチで凹みを付け、穴はあけておく。なるべく材料が大きい状態で処理した方が、後の作業は楽になる。
使用するパイプは「雨除けパイプ腰用片潰し」潰してある方を二股パーツの受けに利用する。テントの幕を刺す部分はボルトを使う。

ポールを二股化や、自立させる時にひとつ注意をすることがある。きれいにテントを張るならテントの幕とポールに隙間がない方がよい。ところが降水時になると、テントの幕は水を弾いて下へ落とすだけではなく、自ら濡れて繊維を伝わり水を地面に導いていく。その中間地点でポールと幕が接触していると、水は重力に従ってポールに伝わりテント内に浸水してしまう。ポールとテントの幕はなるべく接触させる場所を少なくしておく必要がある。店舗等で見られる水を通さないビニールシートやブルーシートと、織った布とでは性質が違い使い方も違ってくる。

二股パーツのポールを受ける部分を切り出す。
鋼板からハンドグラインダーで切り出す。ポールはどこでカットしても反対側の細めてある所がフィットして刺すことができる。

カラーは、キウイ色のテントに合うようにオレンジとアイボリーを選択し、乾きが早いラッカーにした。明るい色は暗闇の中で見やすく、撤収の時には紛失の防止にもなる。

二股化したテンマクデザイン「炎幕」の試し張りは岬のように突き出た場所。ここはテントサイトの3面にカヌーを出すことができるが、天気予報で少しでも降雨量があり増水があり得るなら避けるべき場所だ。

塗装前の二股片側ワンセット。
塗装前の脱脂を怠ったので、塗装は失敗。テントの幕とのカラーコーデは良いでしょ!

それでも天気の良い日のほんのひと時、水に囲まれながら過ごすには、なんとも気持ちが良い場所である。風が吹いても、テンマクデザインの「炎幕」は少し幕を揺さぶるだけで、風を避けてくれる。夕方になると風は収まり水鏡。水面が吾輩のテントサイトをくっきりと写し出してくれている。
ー吾輩はスズキ・ジムニーである。型式はM-JA71C。名前はまだないー

二股化したテンマクデザイン「煙幕」テントの中と外。
ポールを増やし、ペグなしでテントを自立させ、幕を掛ければ「はい完成!」というのもできそうだ。

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ