Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. ジムニー

「吾輩はスズキ・ジムニーである。米軍に倣ってエンジン&ラジエーターでお風呂を沸かす……のは無理なので、工夫して「足湯」を【スズキ・ジムニーでアウトドアへ 】

このエントリーをはてなブックマークに追加

吾輩はスズキ・ジムニーである。1986年の生まれで、型式はM-JA71Cだ。金属のルーフもエアコンもない、切替え式のパートタイムの四輪駆動車である。錆も進み、あちこちがへこんでいるので、ゆっくりと余生を送ろうとしていたが、週に1回、旅に出ることとなる。今回は、「足湯」を湧かすことにする。
TEXT &PHOTO◎伊倉道男(IKURA Michio)

アウトドアポンプの注意書きに40℃を超えない事と書いてあるのに気がつく。高温にならないようにチェックしながら足湯が沸くのを待つ。

吾輩のパートタイム4輪駆動の先祖はWILLYS QUADと呼ばれるモデルであるが、有名なのはWILLYS MBだ。第二次世界大戦に世界中で活躍したジープである。第二次世界大戦が終りを告げた頃、各国はジープの性能を自国で作りたいと考えた。そのひとつが英国のランドローバーである。

本国に帰った米兵はジープの素晴らしさを忘れられず、アメリカでの4輪駆動の人気は現在に至るまで続いている。開拓の国の精神は、ジープにより加速度を増したはずだ。

何十年も前にはなるが、横田基地の司令官から聞いた話によると、ウエッポンキャリアと呼ばれるトラックの荷台にシートを敷き、水を入れる。ジープのエンジンからラジエーターへ続くホースを外して、同じ径のホースを用意して、トラックの荷台のプールへと入れる。インとアウト両方だ。そしてジープのエンジンを掛けると、水はジープのエンジンで温められてプールへ入り、エンジンに戻る。水は循環して徐々にお湯になりプールはお風呂となる。

温かい食事と安らげる簡易ベッド。そして身を清潔に保てる環境がどれだけ米兵を勇気付けただろう。流行のサバイバルで必要なものは、シェルター、フード、水、そして火。その上に身を清められたら生きていく力も湧いてくる。

初めに用意したもの。電池式灯油ポンプ、なまし銅管、テトロンブレードホース(9×15)、手締めクランプ。
買い足したもの。テトロンブレードホース(15×22)を10cm、大きめの手締めクランプ(16-25)、テトロンが硬過ぎた場合の透明ホース10cm。
灯油ポンプのオートストップのセンサーを解除しようと試みたが失敗に終わる。
そこでオートストップの付いていないアウトドア用のポンプを購入して使うことにする。

吾輩もホースを外してやってできないことはないとは思うが、第二の血液の冷却水を抜かれて、真水を入れられるのは勘弁して欲しい。錆が進行してしまう。冷却水は処理も大変だし、温泉の素など入れられてはたまらない。

そこでアウトドアシーンである物を利用して、なるべく荷物は増やさずに済ます方法を考える。足湯がよい。小さなバスタブを目指す。クーラーボックスを利用しても良いし、地面に穴を掘り、そこにシートを敷いても良いだろう。焚き火を楽しみながら、水が循環してお湯になる。冷えた足を温めながら風景を楽しみ、ビールを飲み、そして適当に寝る。それは至福の時間に違いない。

ポンプからの水の出口は太いので、ホースの太さを変換する。硬いテトロンブレードホースを選んだ理由はここにある。しっかりと手締めクランプで締めると水漏れはない。
細いテトロンブレードホースはなまし銅管にジャストフィット。
熱変換をさせるなまし銅管は約9mmの直径の物を3メートル。焚き火ボックスに合わせてスプリング状にする。測ったわけではないが、なるべく直立させた方が熱交換の効率は上がる気がする。

今回使うパーツは「ジョイフル本田」で探してみた。少し前まではホームセンターは色々な物はあるけれど、買う人の知識が必要であった。ところが最近は精通した担当者がかなり多い。「こんな物を作りたい!」と相談すると、適切なアドバイスをしてくれるのでアイデアが実現しやすくなる。ただし、改造となると、職務上言えないことも多いらしい。

合板に穴をあけアウトドアポンプをセットする。温泉の素を用意していたが、やはり自然界の汚染に繋がると思い直し、使うのは断念。
水を循環させてから点火する。なまし銅管が高温になりホースを痛めるのを防止する。
最初は小さな火から。薪が入れやすいような角度にセットしたが、直立させて薪はほぼ縦に入れ込む方が、効率が良さそうだ。

実際にお湯が沸くのには1時間20分ほどかかった。できれば30分ぐらいで沸くシステムにグレードアップしていきたいと思うのだ。
最後に温泉の素は使わないことにした。人が生きていく上で自然を壊すことは多々あるが、そこは少しでもローインパクトでありたい。来た時よりも美しく。


ー吾輩はスズキ・ジムニーである。型式はM-JA71C。名前はまだないー

30分から1時間で40℃になると想像していたが、1時間20分かかってしまう。ゆっくりと炎を楽しみながら待てば良い。

次ページでは、今日の献立を。アウトドアでハンバーガーを作って食す。

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ