Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スバル|SUBARU
  4. アルシオーネ

【静岡・三保レトロカーフェスティバル2021&いすゞ+スバルミーティング/スバル編】 「4WDアバンギャルド」のキャッチフレーズが懐かしいスバル・アルシオーネも登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加

いすゞ車たちを順次紹介してきた「静岡・三保レトロカーフェスティバル2021&いすゞ+スバルミーティング」の模様。今回はいすゞと同時にテーマメーカーになったスバルにスポットを当ててみよう。いすゞ車ほど台数は集まらなかったが、粒揃いのクルマが会場に華を添えたぞ。

REPORT&PHOTO●増田満(MASUDA Mitsuru)

スバル360、スバル1000、トミーカイラM20bなど希少車が間近に!

スバルといえば360なくして語れない。

現在はメーカー名になったスバル(SUBARU)だが、従来は富士重工業が作ったクルマのモデル名。初の4輪自動車となったスバル360から始まった名前だった。1958年に増加試作型として台数限定で発売されると、年々改良と価格引き下げが行われ、庶民のクルマとしての地位を確固たるものとしていく。「デメキン」と呼ばれる初期のスタイルから、今回会場で見られたヘッドライトのデザインへ変更された。こちらのスタイルがスバル360と聞いて思い浮かべる人が多いはず。写真のモデルはフロントフードのスリットが11本になった最終型に近いモデル。

スバル初の小型車となったスバル1000。

スバル360の成功により4輪メーカーとしての地固めが整った富士重工業は、1966年に初の小型乗用車となるスバル1000を新発売する。2サイクル2気筒エンジンをリヤに積むRR方式のスバル360と異なり、スバル1000ではその後のスバル車に受け継がれることとなる水平対向4気筒エンジンを新開発、フロントに搭載するFFレイアウトを採用していた。

スバル1000は1969年のマイナーチェンジで排気量を1.1リッターへ拡大して車名をff-1へ、1970年には1.3リッターへさらに拡大したff-1 1300Gへ発展している。

4WDアバンギャルド、アルシオーネ VR。

スバル1000からff-1 1300Gへ発展した小型車の歴史は1971年に新型車レオーネへと引き継がれる。水平対向エンジンによるFF車という構成は変わらず、1980年代を通してスバルの小型セダンとして作り続けられた。このレオーネをベースに開発されたスポーツクーペがアルシオーネで、富士重工業として初めて日本より先にアメリカで発売されたモデルだ。

日本でも海外同様1985年中に発売され、当初のセールスキャッチは「4WDアバンギャルド」。4WDだけでなくFFも用意された駆動方式で、1.8リッターターボエンジンが組み合わされた。1987年のマイナーチェンジでは2.7リッター自然吸気の水平対向6気筒エンジンが追加され、ACT-4と呼ばれる電子制御アクティブトルクスプリット4WDシステムも採用された。

エアロパーツを装着したスバル・アルシオーネ 。
アルミホイールを変更したスバル・アルシオーネ。
初代レガシィのいすゞOEM車であるアスカCX。

アルシオーネを生み出したレオーネは1989年に新型車レガシィへと生まれ変わる。発売前にアメリカ・フェニックスで10万キロ走行平均速度223.54km/hという国際記録を打ち立て、鳴り物入りのデビューだった。ボディは4ドアセダンと5ドアのツーリングワゴンが用意され、地味な印象だったレオーネから一躍ヒット作となる。

この初代レガシィは、中堅セダンであるアスカをモデルチェンジさせる体力に乏しかったいすゞへOEM供給され、1990年からいすゞアスカCXとしても発売された。この日はいすゞ+スバルミーティングに相応しく(?)レガシィではなくアスカCXが参加されていた。

2代目レガシィのツーリングワゴン。
スバルを一躍スターダムにのし上げたレガシィは1993年に2代目へモデルチェンジする。2代目はキープコンセプトの正常進化版とも呼べ、5ナンバー枠に収まるボディサイズと排気量を維持。この2代目ではセダンよりツーリングワゴンが販売の主役になったことも特徴で、1994年に追加された2.5リッターエンジンの250Tをベースに車高をあげたアウトバックをアメリカで、日本ではグランドワゴンとして新たに発売している。

3代目レガシィのセダンB4。
そして1998年、レガシィは3代目へとモデルチェンジする。この時でもボディサイズは5ナンバー枠を維持していたが、2代目の途中に追加された2.5リッターエンジンが当初から用意されていた。

3代目でも販売の主役はツーリングワゴンで、グランドワゴンは新たにランカスターを名乗るようになる。このランカスターにはレガシィとして最大排気量となる3リッター水平対向6気筒エンジンが新たに採用されることとなった。

セダンはツーリングワゴンより半年遅れて発売されている。差別化を図るためセダンには新たにB4というサブネームが与えられた。この日参加した3代目レガシィはB4が1台だけだった。

サンサンルーフと呼ばれるサンルーフを装着したサンバーディアス。

遡ってスバル360の主要コンポーネンツを共有する商用車として、1961年にサンバーが発売されている。リヤエンジンによるRR方式を採用するキャブオーバー型トラックとバンで、こちらはスバル360がR-2、レックスと名前を変えていったのとは対照的に名前を変えずに発売され続けている。

サンバーは軽自動車規格の変更に合わせて排気量を360ccから550cc、そして660ccへと拡大していった。この日は660ccの旧規格になる1990年発売の5代目が見られた。

とてもレアなトミーカイラM20b。

レガシィをより小さくして世界ラリー選手権、WRCでの戦闘力を引き上げるために開発されたインプレッサ。初代は1992年に発売され1995年にはマニュファクチャラーズ・ドライバーズ両タイトルに輝いている。その後もWRCでの活躍が続き、レガシィとともにスバルを代表する車種になったものの、この日は初代GC8をトミーカイラがチューニングしたコンプリート車、M20bが1台だけ参加するにとどまった。

ラビットスクーターも富士重工業の製品だ。
会場で見られたクルマとともに、駆け足でスバルの足跡を辿ってみた。その中でも異色のモデルが並んでいたので最後に紹介しよう。それが左写真のスクーター。こちらはラビットスクーターの名前で富士重工業がスバル360を発売する前から生産しており、1960年代まで同社を代表する製品だった。参加したのは125cc2サイクル単気筒エンジンを搭載する最終モデルのS301。荷台にくくり付けられた東芝のボテ箱同様に全塗装されていた。

次回からはいすゞ+スバル以外の参加車たちを見ていこう。

いすゞ乗用車の最後を飾ったジェミニ&ピアッツァが大集合!

コロナ禍により各地で開催予定だったクルマ系イベントは、ほとんどが中止を余儀なくされた。それでも屋外で密を避け、感染対...

あわせて読みたい

スポーティないすゞ車の代名詞ベレットが大挙して来場!

静岡・三保レトロカーフェスティバル2021&いすゞ+スバルミーティング会場の模様をレポート。主催クラブがいすゞジェミニを対...

あわせて読みたい

ロッチ中岡も乗る「いすゞ117クーペ」が勢揃い! 希少なハンドメイドから最終型まで

「静岡・三保レトロカーフェスティバル2021&いすゞ+スバルミーティング」の模様をお伝えする3回目は、いすゞの歴史において非...

あわせて読みたい

誕生するのが早かったビークロス! 117クーペのご先祖、フローリアン! いすゞのレア車が熱い

4回目を数えた静岡・三保レトロカーフェスティバル2021&いすゞ+スバルミーティングのミーティング。主催クラブがジェミニを対...

あわせて読みたい

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ