MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > テクノロジー > テクノロジー

テクノロジー 248件


新世代ジャガーの屋台骨、自社開発の4気筒ディーゼルエンジン──Ingenium

マスタングへの搭載からスタート。狙うのはきわめて順当な高効率化──2.3 EcoBoost

メルセデスのディーゼルと言えばコレ。CからVまでを担うオールラウンダー:OM651

世界の度肝を抜いた2.2ℓの単なる縮小に非ず。小排気量版として最適化を施したSKYACTIV-D 1.5。

デュアルクラッチ、ツインクラッチ? トルコンATとかさらにはCVTとか……2ペダルトランスミッションの構造

トルコン? クラッチ? モーター? 大きくて重たいクルマをスムーズかつエレガントに走らせ始めるための工夫

縦横無尽。V6代替としての役目も担うトヨタの中排気量4気筒エンジン トヨタ ARシリーズ

直列6気筒、満を持して復活。その理由とは? まずはSクラスから搭載

2秒間はあるはずのターボラグはどこへいった?──ダウンサイジングパワートレインの制御方法

新開発のMT、iMTとは? トヨタ・カローラスポーツの1.2ℓターボには、6MT仕様があるのだ!

唯一無二の自動車用2気筒エンジン。フィアット500のツインエア

可変容量ターボチャージャを使用するポルシェのフラットシックスターボ

EV(電気自動車)は本当に環境問題への最終解なのか? EVの熱効率はどうなのか?

希代の名機・N55をBMW-Mがリファインするとどうなるか──S55

圧縮着火の超希薄燃焼を火花点火でアシストする──MAZDA SKYACTIV-X

「このエンジンはトルクがあるね」──それって本当にトルク? もしかすると馬力?

DI or PFI or DI+PFI? 直噴のメリットとデメリット、ポート噴射の行方

マクラーレン・セナの速さの秘密はエンジンだけではない! 空力と軽量化とシャシーすべてを徹底解説

メルセデス・ベンツの旗艦に搭載するV型12気筒歴代

コルベットのV8:スーパーチャージャーにVVTで武装したOHV

248件中 101-120件を表示
モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る