MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > 世界最速FF日本上陸カウントダウン! ルノー・メガーヌR.S.を見逃すな! トゥインゴGTも正式デビュー!【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/12
  • ニューモデル速報

世界最速FF日本上陸カウントダウン! ルノー・メガーヌR.S.を見逃すな! トゥインゴGTも正式デビュー!【東京オートサロン2018】

ルノー・ブースはルノー・スポール系が集結!

このエントリーをはてなブックマークに追加
最速FFの座の奪還を期す新型メガーヌR.S.が、東京オートサロンに満を持して乗り込んできた。
2018年夏に発売予定の最強ウエポンを、幕張メッセでひと足お先にチェック!
併せて、5速MTに加えて6速DCTもラインナップされ、正式にカタログモデルとして発売されるトゥインゴGTにも注目だ。

目指すはニュル最速FFの称号の奪還!

 2017年のフランクフルトショーでベールを脱いだ新型ルノー・メガーヌR.S.が、世界随一のハイパフォーマンスカーの祭典である東京オートサロンに満を持して乗り込んできた。

 車両の詳細は既報の通りだが、あらためてざっとおさらいしてみよう。まずエンジンは新開発の直列4気筒DOHC1.8Lターボで、最高出力280ps、最大トルク390Nmを発生する。ハイライトはメガーヌGTにも採用された四輪操舵システム「4コントロール」で、高速域では後輪を同位相とすることで安定性を、中低速域では逆位相とすることで俊敏性を高めるシステムだが、R.S.ではよりアグレッシブな設定とされ、なんと90km/hまで逆位相を許容するという過激さだ。トランスミッションは6速MTと6速DCTが用意される。

 ルノー・スポール・カーズ代表のパトリス・ラティ氏によれば、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェにおけるFF最速の座の奪還に向けた準備は着々と進行中とのこと。チーフ開発ドライバーのロラン・ウルゴン氏も最大の目標は打倒シビック・タイプRだと公言してはばからない。

 日本上陸は2018年の夏とアナウンスされているが、ハイパフォーマンスカーがひしめく東京オートサロンの場にしっかりと持ち込んできたところからも、彼らの本気度がうかがい知れる。というのも、正規インポーターが、発売前の新型車を参考出品という形でオートサロンに出展するのは極めて稀なケースだからだ。

「おかげさまで昨年秋に発売したメガーヌGTは予想を越える反響で、現在バックオーダーを抱えている状態です。まずはお待ちいただいているお客様に一刻も早くメガーヌGTをお届けすることが我々の使命です」と語るのはルノー・ジャポンの大極代表。とはいえ、世界で常にルノー・スポール車の売り上げの上位に入り続けている日本市場だけに、メガーヌR.S.の発売に向けても相当な気合いが入っていることは想像に難くない。百聞は一見に如かず。気になっている人は、この週末に幕張メッセに足を運んで、実車をご自分の目で確認することをおすすめする。

トゥインゴGTもカタログモデルに昇格!

 さらに2017年、200台の限定モデルとして先行発売されたトゥインゴGTが、まもなく正式なカタログモデルとしてラインナップされることがアナウンスされ、発売を前に東京オートサロンの会場に姿を現した。

 リヤに置かれるエンジンは0.9Lの直列3気筒DOHCターボで、最高出力109psと最大トルク170Nmを発生する。最大の特徴ははなんといっても後輪を駆動する点にあり、ググッとリヤを沈めてゴリゴリと加速する感覚は同クラスのライバルではとうてい味わえない感覚だ。
 
 トランスミッションは限定販売時は5速MTのみの設定だったが、正式カタログモデルは6速DCTとの2本立てとなる。オートサロン会場に展示されているのは5速MTモデルだが、現地ルノー・ブースではDCT仕様の詳細についての説明も受けることができる。

 現在において世界唯一の「後輪駆動ホットハッチ」を見逃す手はない!

ルノー・ブースは海浜幕張駅からアクセスしやすい北ホール11。メガーヌR.S.とトゥインゴGTのほか、メガーヌGTとルーテシアR.S.も展示されている。ルノー・スポールが開発したモデルに絞ったラインナップだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る