MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > 気が遠くなる作業…叩いて作ったアルミ製エアロのミニクーパー!【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/12
  • Dee’s Club

気が遠くなる作業…叩いて作ったアルミ製エアロのミニクーパー!【東京オートサロン2018】

このエントリーをはてなブックマークに追加
この空でも飛ぶんじゃないかって見た目のクルマはミニクーパー。製作したのは日本自動車大学校(NATS)の学生。近未来を意識したクルマがテーマということでフェンダーを銀色に塗り分けてそれっぽく…ではなく、この銀色の部分がすべてアルミでできてるんです!

この立体的なアルミのフェンダーがもとは1枚の板だったって信じられます? 普通こういう曲面の板金ってFRPでカタチを作ったあとは、パテを塗って削ってでなんども微調整を加えられるもんなんです。だけど、これは伸びやすいアルミを使っているから、できる加工はすべて叩くのみ。しかも、叩くのをやりすぎると決してもとに戻らない!このキレイな曲線が仕上がるまで、なんども失敗を繰り返してアルミ板をダメにしたそうです。


ルーフもアルミを叩いて成形。ボディカラーに塗っていないところはクリアだけを塗って錆びないようにコーティングして、あえてヘアラインを魅せてありました。

リヤフェンダーの形状は真横から見ると「S」の文字に。ベースに使ったハッチバックのクーパーSにちなんだ洒落なんだとか。

内装もすべて張り替えてあって、使った革の長さは30メートル近くになったと話してました。

トランクを開けるとエアサスが登場! NATSの製作車両はその後車検をとって公道を走らせることもあるので、この低さだと必須パーツみたいですね。

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る