MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > ニュース > ダイレクトカーズがファーストクラス級の超快適ハイエースを提案!【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/12
  • MotorFan編集部

ダイレクトカーズがファーストクラス級の超快適ハイエースを提案!【東京オートサロン2018】

ダイレクトカーズ・プレスカンファレンス

このエントリーをはてなブックマークに追加
キャンプやトランポ仕様といったハイエースカスタムを得意とするダイレクトカーズから注目の新製品が登場! 機能的なヘッドレストや新型のプレミアムフリーワゴンなど、小物から車体まで続々ラインナップ!(PHOTO&REPORT:佐藤恭央)

ダイレクトカーズのブースでは、10人乗りのハイエースグランドキャビンをベースにした『プレミアムフリーワゴン6ラグジュアリー(展示車価格:690万1600円※税抜)』について百田雅人代表が詳しく説明してくれた。後方に電動キャプテンシート4脚を備え、テーブルも配置。前シートは回転キットを組み込むことでラグジュアリーなキャビンをメイク。

展示車の乗車定員は最大6人で、旅客機で例えるならば、通常がエコノミーやビジネスクラスならこちらはファーストクラス! 極上のリラックスタイムが堪能できるのだ。他にもオリジナルブランド“BLUME”のパーツが内外に奢られて高級感のあるスタイルに仕上げられている。また、このプレミアムフリーワゴンシリーズは3ナンバー登録できるのもメリットだ。

もう一つ話題を集めていたのがハイエース専用設計の3つのヘッドレストだ。いずれもイベント限定価格となっており、首を優しく包み込み、負担を軽減するネックフィットヘッドレストが4900円、高級車さながらに前後で調整ができるスウィングヘッドレストが5900円、さらに左右が独立で稼働し、前後にも動かせるプレミアムヘッドレストⅡ(ニット/PVCレザータイプ)が1万2800円で先行リリース(いずれも税込価格)。もちろん、純正シートとのマッチングも良好だ。

同社では乗車人数や装備など細かいカスタムオーダーも可能なので、来場の際は一度相談してみるべし! このインテリアを目の当たりにしたら絶対に欲しくなっちゃうこと間違いなし!!【中ホール6】


プレミアムヘッドレストⅡの稼働部について実演をする百田雅人代表。
こちらはハイエースワゴンGLベースのプレミアムフリーワゴン8(488万5600円※税抜)。リヤにカスタムモンキーやラダーが積まれており、トランポをイメージしている。
東京オートサロン先行販売のBLUME製ヘッドレストは会場限定特価! リーズナブルに購入できるチャンス!!

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る