MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > D1GP齋藤太吾が今期投入予定のコルベット2号機を初披露!【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/13
  • Dee’s Club

D1GP齋藤太吾が今期投入予定のコルベット2号機を初披露!【東京オートサロン2018】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドリフトの美しさやテクニックを競うD1グランプリシリーズにて、2008年と2016年にチャンピオンを獲得しているだけでなく、海外のドリフト競技でも勝ちまくっている齋藤太吾選手。
 2017年のD1グランプリシリーズ初戦から投入されたコルベットの1号機は、第2戦まではやや苦戦したものの、大幅に足まわりを変更した第3戦で2位を獲得。ピークパワーはNAのままで800馬力と、現在のD1グランプリではそれほどあるほうではないものの、徹底的に軽量化されたボディと合わせて抜群の加速力を発揮! シリーズ3位の結果を残した。
 っとまぁ前置きが長くなったけど、そんな齋藤選手がさらなるうえを目指して作った2号機が完成したってんだから注目でしょ〜!

アメリカのMASTモータースポーツに特注したコンプリートエンジンで、1号機とおなじくV8なんだけど、排気量は少ない代わり1万回転までまわる超高回転ユニットなのだそうだ。900馬力くらいを発揮する予定。



GT3ベースってことで、ミッションはヒューランドのシーケンシャルにデフの組み合わせ。これをドリフト特化にするために、サムソナスの6速シーケンシャルミッションとクイックチェンジデフに変更されている。


展示場所は屋外イベント会場のモンスターエナジーブースにて!


自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る