MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > アヴァンツァーレの30系アルファード、見た目より走りへのこだわりを追求【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/13
  • MotorFan編集部

アヴァンツァーレの30系アルファード、見た目より走りへのこだわりを追求【東京オートサロン2018】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドレスアップでユーザーに大人気の30系アルファード。アヴァンツァーレのブースに並ぶ、21インチホイールを装着したアルファードも一見するとドレスアップ系に思えるが、その内容を見れば、走りの性能を追い求めたチューニングカーだという思いを強くする。

EXART(エクスアート)製マフラー装備

まず排気系は、高性能エキゾーストシステムを手がけるEXARTとコラボレート。フロントパイプからセンターマフラー、リヤマフラーまでフルに交換して、低中回転域のトルクと高回転域でのパワー、全域でのレスポンスアップを実現。ジェントルかつスポーティなサウンドも楽しめる。

クスコとの連携によるシャーシー剛性アップ

また、補強パーツでおなじみのクスコともタッグを組み、ストラットタワーバーやボディブレース・フロアサイド&リアメンバーを装着することで、シャシー剛性を格段に高めている。

しかも、ボディブレース・リアメンバーは純正マフラー対応品と社外マフラー対応品の2種類を用意するなど抜かりなし。

今後は、フロント周りの剛性アップパーツもリリース予定

アヴァンツァーレのエアサスでフルタップ化

足回りはアヴァンツァーレが取り扱うエアサスをワンオフ加工してフルタップ化。減衰力40段階自動調整機能も搭載される。
ブレーキもアバンツァーレオリジナルのフロント8ポット、リヤ6ポットキャリパーで強化。リヤは自動ブレーキに対応しているのが大きなポイントと言える。

足下を飾るレオンハルトの新作21インチホイールにも注目したい。

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
ムーニー粘度
ムーニー粘度計(ムーニービスコメーター)を用いて測定した未加硫ゴムの粘性の値を...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る