MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > ニュース > ホンダブースには2017チャンピオンバイクが勢揃い!! 【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/13
  • MotorFan編集部

ホンダブースには2017チャンピオンバイクが勢揃い!! 【東京オートサロン2018】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ホンダブースには昨年のレースで活躍したオートバイも展示されている。MotoGPマシンから全日本を戦った各ジャンルの車両まで、間近で見られるチャンス!(PHOTO&REPORT:佐藤恭央)

たとえクルマイベントのオートサロンといえども、ホンダといったらやはりオートバイは欠かせない! CR-Vやシビック、NSXが注目を集める中、ブースの中央部でどっしりと構えていたのが各ジャンルで活躍したコンペマシンだ。

昨シーズンのホンダ勢は、全日本トライアル、モトクロス、ロードレースを破竹の勢いで制し、さらにMotoGPではマルク・マルケスが二年連続でチャンプを獲得し、レーシングコンストラクターとしての本領を見せつけたのだ! これらのチャンピオンマシンが一堂に会するのはそうそうない? モータースポーツファンなら絶対に見逃せない!!【中4ホール】

Repsol Honda TeamのRC213V(♯93)の横には、インディ500にて佐藤琢磨選手が駆ったアンドレッティ・オートスポートの「DW12」が並ぶ。

全日本ロードレース選手権(JRR)JSB1000クラスで優勝した高橋巧選手のCBR1000RR。

こちらは山本鯨選手が全日本モトクロス選手権(JMX) IA1クラスで戦ったCRF450RW。

全日本トライアル選手権(JTR)IASクラスチャンプのRTL300R。5年連続でトップに君臨する王者、小川友幸選手のマシンだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る