MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

ホンダ S660新型自動車カタログ[価格/試乗インプレ/技術開発など]

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビートの後継車にあたるミッドシップ軽オープンスポーツ。だがハンドリング性能を最重視した結果、タルガトップの専用ボディを新開発し、剛性を徹底的に高めたという本気度は、同じ「S」の名を持つS2000譲り。

操ることに夢中になれるバイクみたいなクルマ 総合評価:9点

街行く姿を見るたびに、うらやましくなるクルマだ。欲しいとは思うのだが、2名乗車なのはともかく荷物がまったく載らないバイクみたいな存在なので、手に入れるまでのハードルは低くない。バイクみたいというのは走りもそうで、一旦乗り込んだらずっと操ることに集中できる。軽やかなターンイン、コーナー立ち上がりでの腰で感じられるトラクションなど、クルマのあらゆる挙動をじっくり堪能できるのが、また良い。これは、小さいけれどボディがしっかり作られていて、4輪の接地感がリアルに伝わってくるおかげ。サーキットで縁石を大胆にまたいだ時ですら動きが破綻しない辺り、従来の軽の常識は通用しないのだ。
(島下泰久著『2017年版間違いだらけのクルマ選び』〔草思社刊〕より)

ホンダS660 2017年11月発売モデル

B特別仕様車ハッシュタグ コモレビエディション


価格 208万円
排気量 660cc
駆動方式 ミッドシップ
最高出力 64ps(47kW)/6000rpm
最大トルク 10.6kg・m(104Nm)/2600rpm
乗員 2名
燃費 -

ホンダS660の歴代モデル


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る