MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

ジャガー Fペース新型自動車カタログ[価格/試乗インプレ/技術開発など]

このエントリーをはてなブックマークに追加

ショーモデルとして公開されたC-X17のコンセプトを市販モデルとして具現化した、ジャガー初のSUV、F-PACE。ヨーロッパでは2016年春、日本では同年夏からデリバリーが開始された。ひと目で最新のジャガーと分かる力強く、凛々しい佇まいのボディはXEシリーズ同様に軽量かつ強固なモジュール構造モノコックを採用しており、その80%がアルミ材で構成されている。日本仕様に搭載されるエンジンは380psと340psを発生する3.0ℓV6スーパーチャージャー、180psを発生する2.0ℓディーゼルターボが用意され、8速ATが組み合わされる。駆動方式はインテリジェントドライブラインダイナミクスを備えたAWDシステムを採用しており、通常時は90%のトルクを後輪に配分するが、トラクション不足を検知すると必要なトルクを前輪に移行して、コントロール性と安定性を保つ。メーターには12.3インチのTFT液晶を採用するほか、インフォテインメント機能も充実している。

ジャガーFペース 2018年3月発売モデル

KEI NISHIKORIエディション


価格 799万円
排気量 2000cc
駆動方式 フルタイム4WD
最高出力 250ps(184kW)/5500rpm
最大トルク 37.2kg・m(365Nm)/1300〜1500rpm
乗員 5名
燃費 -

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る