MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

日産 GT−R新型自動車カタログ[価格/試乗インプレ/技術開発など]

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本が世界に誇るスーパーカーで、国内生産車としては最も速いモデルといっていい。エンジンやパワートレーン、ボディの基本構造は2007年のデビューから変わっていないが、16年夏に「発売以来最大規模の変更」を受けた大幅改良モデルを“MY17”として発売した。パワートレーンもデビュー以来一貫して3.8ℓV6ツインターボ1種のみだが、最強グレード“NISMO”の最高出力600psは、デビュー時より120psも上乗せされている。

10年目の大進化。操りやすく、快適性も向上 総合評価:9点

最新型は乗ると印象はまさに激変と言える。まず静かで滑らかになった。エンジンは最高出力570psと、また更にパワーが上がったが、ピークの数字以上に、トルクの出方が滑らかになり、扱いやすくなったのを実感する。ギアボックスも音が静かになっただけでなく動作も滑らかになって、非常に洗練された。これなら普段乗りでも楽しめる。何より目を見張ったのが、快適性の向上ぶりだ。単に硬い柔らかいという話ではなく、まずクルマの姿勢が常にフラットに保たれ、目線がブレず疲れにくいし、轍などに遭遇してもチョロチョロせず真っ直ぐ走るようになった。これなら一気に何百㎞もの距離を高速移動するのも疲れ知らずで楽しめるだろう。
(島下泰久著『2017年版間違いだらけのクルマ選び』〔草思社刊〕より)

日産GT−R 2019年6月発売モデル

GT−R ピュアエディション


価格 1,063万円
排気量 3800cc
駆動方式 フルタイム4WD
最高出力 570ps(419kW)/6800rpm
最大トルク 65.0kg・m(637Nm)/3300〜5800rpm
乗員 4名
燃費 -

GT−R ブラックエディション


価格 1,254万円
排気量 3800cc
駆動方式 フルタイム4WD
最高出力 570ps(419kW)/6800rpm
最大トルク 65.0kg・m(637Nm)/3300〜5800rpm
乗員 4名
燃費 -

GT−R プレミアムエディション


価格 1,211万円
排気量 3800cc
駆動方式 フルタイム4WD
最高出力 570ps(419kW)/6800rpm
最大トルク 65.0kg・m(637Nm)/3300〜5800rpm
乗員 4名
燃費 -

50thアニバーサリー


価格 1,319万円
排気量 3800cc
駆動方式 フルタイム4WD
最高出力 570ps(419kW)/6800rpm
最大トルク 65.0kg・m(637Nm)/3300〜5800rpm
乗員 4名
燃費 -

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る