MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

プジョー 2008新型自動車カタログ[価格/試乗インプレ/技術開発など]

このエントリーをはてなブックマークに追加

激戦区となったスモールSUV市場に向けて、2013年にプジョーが放った2008。14年に日本市場にも導入されており、16年末にはマイナーチェンジを受けた新型の輸入もスタートした。フロントまわりの意匠変更など、エクステリアのリフレッシュを受けた2008の日本仕様はスタイリッシュな佇まいが特徴となる「Allure」と、ブラックエクステリアパーツや大径ホイールなどを備えた「GT Line」の2モデルを用意。タッチスクリーンや小径ホイールなど、近未来的なコクピットは両モデルに共通。GT Lineにはノーマル/マッド/サンド/スノーの4つの走行モードの選択ができるグリップコントロールが標準となるほか、17インチホイール+オールシーズンタイヤが備わるなど、スポーティなSUVらしい仕立てが施される。本国では1.6ℓディーゼルほか、多彩なエンジンラインナップを用意するが、日本向けにはPureTechとばれるガソリン仕様の1.2ℓ直列3気筒ターボと6速EATのみの設定。

プジョー2008 2018年12月発売モデル

クロスシティ


価格 270万円
排気量 1200cc
駆動方式 FF
最高出力 110ps(81kW)/5500rpm
最大トルク 20.9kg・m(205Nm)/1500rpm
乗員 5名
燃費 -

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る